記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空町の子供2 1955年5月

現在では改装や新築などで趣が変わってしまった空町ですが、当時は隣の暮らしが窺える表長屋造りの住居が残っていました。
向う三軒両隣、信頼関係で結ばれた近所づきあいで、子供達も気兼ねなく他所の家に上がり込んで遊んだり、食事をしていた事を見た記憶があります。
そう言えば、親が歌っていたのを覚えたのか、のんきに「とんとん とんからりと 隣組」の歌を口ずさんでいた事を思い出しました。
戦時下の国民統制の為に作られた啓発の歌と知ったのは、随分後のことです。

空町の子供55年5月4
通りに面して家の暮らしが窺える民家

空町の子供55年5月6
写真を撮られているのに気付いて、子供達が出てきました。

空町の子供55年5月1
足に怪我をした妹を運ぶ兄
遠くに懐かしいオート三輪トラックが写っています。

空町の子供55年5月7
用水路で足を洗う少女


隣組
作詞:岡本一平
作曲:飯田信夫

とんとん とんからりと 隣組 格子(こうし)を開ければ 顔なじみ
廻して頂戴(ちょうだい) 回覧板 知らせられたり 知らせたり

とんとん とんからりと 隣組 あれこれ面倒 味噌醤油
御飯の炊き方 垣根越し 教えられたり 教えたり

とんとん とんからりと 隣組 地震やかみなり 火事どろぼう
互いに役立つ 用心棒 助けられたり 助けたり

とんとん とんからりと 隣組 何軒あろうと 一所帯(ひとしょたい)
こころは一つの 屋根の月 纏(まと)められたり 纏めたり


(このブログは当時の年度順にご紹介していましたが、フィルム整理中に1956年度の箱に紛れ込んでいました前年度のフィルムがありましたので、前回と年度は変わりますが、何点かご紹介させて頂きます。)




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/19(水) 07:35:13|
  2. 1955年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

空町の子供1 1955年5月

今と同じ季節、55年前の5月、父が度々訪れて撮影をしていた空町で、元気に遊ぶ子供達が記録されていました。
私もこの子供達のように、近所の友達と日が暮れるまで遊んでいましたので、当時にタイムスリップをしてしまった錯覚を覚えます。
当時は何処からともなく近所の子供達が集まって、その日の成り行きで自然と遊びが始まり、日が暮れて、家々で夕餉の支度をする物音が聞こえるまで遊んでいた記憶があります。
一般にテレビが普及し始めて、夕方の子供番組を見に帰る子供達が増えてくるまで、そんな毎日の繰り返しでした。

空町の子供55年5月3
空町 江名子川沿い
祭の真似事でもしているのでしょうか。

空町の子供55年5月2
軒下の狭い空間でそれぞれ好きな事をしてる様子が面白いですね。

空町の子供55年5月5
画面右側の男の子と女の子の様子が面白い。




(このブログは当時の年度順にご紹介していましたが、フィルム整理中に1956年度の箱に紛れ込んでいた
前年度のフィルムがあり写真が良かったので、前回と年度は変わりますがご紹介させて頂きます。)


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/17(月) 07:25:57|
  2. 1955年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

心象風景 1955年5月

風雪に耐え歪んでしまった家の佇まいから、住む人の暮らしまで読み取れそうで不思議に惹かれる写真です。
子供の頃、家の近くの路地を入ると、この様な佇まいの家が何軒か残る一画があり、そのどこか秘密めいた心地よい空間が好きでよく遊んでいた記憶があります。


空町
江名子川沿いの民家


(このブログは当時の年度順にご紹介していましたが、フィルム整理中に1956年度の箱に紛れ込んでいました前年度のフィルムがありましたので、前回と年度は変わりますが、何点かご紹介させて頂きます。)


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/15(土) 07:38:51|
  2. 1955年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。