記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少年の夢 1957年5月

病院に入院中の子供達が記録されていました。
私も子供の頃に何度か入院経験がありますが、入院中の子供は様々な我慢の連続です。
当時はテレビや携帯型ゲーム機などはありませんが、我慢の療養生活でも明るく空想の世界で遊ぶ子供達の姿にはほっとさせられます。

病院の子供1


病院の子供5


病院の子供4


病院の子供3


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/01(日) 01:33:22|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

歌舞伎見物 1957年5月

高山市内での歌舞伎の公演が記録されていました。
私自身この様な野外での公演は観た記憶はありませんが、娯楽の少なかった当時、子供達も混じり舞台袖まで立ち見で観ている様子が時代を感じさせ面白いですね。
そいえば子供の頃に何処で見て覚えたのか、歌舞伎役者の見得を切る所作や飛び六方を真似て遊んでいた事を思い出しました。

歌舞伎2


歌舞伎1



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/04(水) 07:50:13|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高山高等学校 1957年5月

昭和32年高山地区高等学校再配置により、岐阜県立高山高等学校として発足したばかりの学校の様子が記録されていました。
写真に写っている高校生の皆さんは、戦時下に生まれ、戦後復興期を過ごしその後の日本の高度経済成長を支えた世代の方々です。

高山高校1
校庭での身体検査、写真の撮られた前年昭和31年に校舎が火災焼失しましたので仕方のない事だったのでしょう。

高山高校2
何のために計るかは疑問でしたが、現在も学校では座高測定をしているのでしょうか。

高山高校3
農業科の生徒さん達の田植え作業の授業。

高山高校4
遠景に見える煙は蒸気機関車です。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/07(土) 07:05:18|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

兄 1957年5月

近くても遠い仲 兄弟関係とは不思議です。
兄達とは年も離れていましたので、幼い頃は世話などで何かと可愛がってもらいました。
反面、思春期の頃は兄弟間で私はいつも子供扱いで悔しい思いをした事も思い出として残っています。
兄達が成人して家を離れて暮らす様になってからも、両親が健在の頃は何かと顔を合わせていましたが、
柱となっていた両親が亡くなり集う場所がなくなってからは、兄弟仲が悪いわけでもありませんが、
お互いあまり干渉しあわない関係が続いています。
互い家庭を持ち暮らしていますので、自然の摂理としてそんな関係になってしまうのは仕方のないことかもしれませんが、
こんな写真を見ていると当時を思い出してしまい少し寂しいですね。


兄弟2
10歳違いの次男との写真

兄弟1
写真館の受付カウンターの上で、12歳違いの長男との写真。
当時のフィルムや写真用品が懐かしいです。




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/10(火) 06:03:13|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

田植え 1957年5月

日本の原風景ともいえる田植えの風景、当時はまだまだ田植機などもなく、水田に身体を折っての単調で過酷な手植え作業でした。
田植の機械化が始まったのは1960年代中頃からだそうです。
以前手植えの作業を撮影取材した際、水田に足を取られ苦労した経験がありますが、一日あの姿勢での田植え作業は嘸かし大変だったと思います。


田植え3

田植え2

田植え1
一日の農作業を終えて安堵の笑顔でしょうか。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/13(金) 07:08:37|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

町内運動会 1957年6月

町内会の親睦運動会の様子が記録されていました。
半世紀以上前の写真ですが、皆さんの楽しそうな笑顔を見ていると此方まで幸せな気分になってしまいます。
当時もそれぞれ苦労はあったでしょうが、今のような不安や閉塞感もない長閑な良い時代だったと感じるのは私だけでしょうか。

町内運動会2


町内運動会3


町内運動会6
記録写真を撮る少年

町内運動会7
着物姿のご婦人も玉入れに興じています。

町内運動会8
楽しそうな歓声が聞こえてきそうです。

町内運動会5
本町三丁目の皆さん 城山にて



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/16(月) 07:00:18|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

跨線橋 1957年6月

小学生の頃、この橋の上で日が暮れるまで蒸気機関車を見ていた記憶があります。
遠くから聞こえる汽笛の音、徐々に近づいてくる力強い蒸気機関のブラスト音、迫り来る煙の迫力、車輪が線路を叩くリズミカルな音、蒸せるような匂い、今でも目をつむると鮮明に思い出せる程、その存在感は強烈でした。


橋の上1
高山市 跨線橋上にて


SL9600形蒸気機関車
1920年度製 9600形蒸気機関車 愛称キューロク 1913年に初の国産蒸気機関車として登場し長い期間日本全土で活躍しました。


橋の上2




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/19(木) 07:43:11|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

養蚕 1957年6月

戦前の蚕糸業は、わが国の代表的な輸出産業で世界一位の生産量を誇り日本の経済発展を支えました。
戦後の復興期を経て、昭和30年代再び養蚕が盛んになり、当時高校の授業実習での養蚕の様子が記録されていました。
その後養蚕業は輸入品や化学繊維に押され急速に衰退していきましたので、この写真の中で懸命に作業をしている青年達の
その後を考えると寂しい思いに駆られます。


養蚕1
カイコは家畜化された昆虫で、野生では生育することができなく、人による管理なしでは生育することができません。

養蚕2



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/22(日) 07:32:57|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

畳職人 1957年7月

子供の頃、い草の良い匂いに引き寄せられ、畳屋さんの軒先で職人のおじさんが黙々と畳を編む作業を見ていた
記憶があります。
真剣に作業を続ける力強い動きに、少し怖くなったのか後ずさりする私に、優しく声を掛けてもらったのですが、思わず逃げ帰ってしまった事を覚えています。
今では畳の需要が減って畳屋さんも少なくなってしまいましたが、昔のように職人の方が手作業で畳を縫っている畳屋さんを見かけると思わず足を止めて見てしまうのは、その時の思いが残っているからでしょうか。


畳職人1


畳職人3


畳職人2


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/25(水) 07:15:16|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夢の散歩1957年7月

つげ 義春さんの作品に出てきそうな風景が記録されていました。
雨に濡れた細い路、入り組んだ屋根、外の様子を覗う印象的なおじさん、路地で遊ぶ子供達、つげ義春さんの不思議な時空間に彷徨い込んだ錯覚を覚える写真です。
写真に写されている小さな漁村が何処かは記載がないので分かりませんが、このネガフィルムの前後の写真から富山県の漁村かと推測されます。
青年時代に夢中になって読んでいた漫画雑誌ガロ、懐かしい思い出です。

佇まい1


佇まい3


佇まい2


佇まい5



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/28(土) 02:11:21|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

雨傘 1957年7月

前回に続き、つげ 義春さんの世界に出てきそうな少し不思議な人物スナップが同じフィルムに残されていましたのでご紹介します。
最近の暑さと日照り続きに飽きたのでしょうか、雨の情景を見ると何故かほっとしてしまいます。


傘2
少女の目が傘の支柱で隠れてしまって、人物撮影としては禁止事項の写真ですが、片目だけ見える瞳と足を組んだポーズが何故か印象に残ります。

傘3
広く空間を空けた中で傘を差す三人、つげ 義春さんの作品に出てきそうな構図です。

傘1
傘で顔の見えない御婦人と立ち姿、これも作品の何処かで見たような気が・・・

ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/31(火) 07:30:16|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。