記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅芝居一座の記録 4 1957年9月

岐阜県は地芝居が盛んな地域で、現在でも昔ながらの木造の芝居小屋が数軒残っているそうです。
写真の旅芝居一座が一回の巡業で何カ所位で興行をしていたのか知る由も無いですが、一つの劇場の興行が終わり次の巡業地へ、父も同じトラックの荷台に同乗して、次の巡業地まで一座の皆さんに同行し記録を続けたようです。
当時は街道筋にドライブインなどの施設などもなく、旅の途中の民家などで食事や宿のお世話になっている様子が記録されていました。


旅役者19


旅役者15


旅役者14


旅役者17


旅役者18


旅役者16



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/02(木) 14:18:43|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅役者一座の記録 5 1957年9月

次の巡業先での興行は神社境内での芝居小屋で行われた様です。のんびりとした開演前の楽屋の様子が記録されていました。
飛騨地方には、古くから農村娯楽として地元の方々が、神社の境内などで奉納芝居などを催していたようです。
今回は何時もの素人芝居と違いプロの旅役者一座の興行なので、地元の方々も楽しみにしていたのではないでしょうか。


旅役者20


旅役者21


旅役者22


旅役者23


旅役者24


旅役者25

(撮影場所は不明でネガフォルダーには池上於とだけ記載されていました、前後の写真には山間の田舎道と白山神社の幟旗、清美村消防団の団員の方々が写っていましたので現在の清美町の何処かと思います。)


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/05(日) 16:33:33|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅役者一座の記録 6 1957年9月

本番を控え舞台化粧をする役者さん達、化粧をしながら役作りに入り込んで行く様子が記録されています。
旅役者にとっては早化粧も芸の内でしょうか、化粧時間は短く羽二重を付け地塗りから顔を作り、鬘を付けるまで数分で仕上げるそうです。


旅役者29


旅役者26


旅役者30


旅役者28


旅役者27




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/08(水) 23:13:33|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅役者一座の記録 7 1957年9月

既に役に入り込んだ出番待ちの役者さん、舞台に上がる前の張り詰めた雰囲気が漂う写真です。
慣れているとはいえ舞台に立つ前の役者さんの緊張感、この瞬間が好きで役者を続けていらしゃる方を何人か知っています。
経験がないので想像するしかないのですが、この緊張感と舞台上で反響があったときの高揚感がたまなく良いのでしょうね。


旅役者31


旅役者32




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/11(土) 15:57:22|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅役者一座の記録 8 1957年9月

旅役者一座の記録シリーズ最終回は、野外舞台での公演の様子をご紹介します。
質素な舞台でも役者の方々の熱演に、この日を楽しみにしてきた観客も一帯となって楽しんでいる様子が窺えます。
子ども達の熱心に見つめる姿を見ていると、娯楽の少なかった当時、自分も映画などを見てのめり込む様にその世界に入り込み一喜一憂していた自分の姿と重なります。


旅役者33


旅役者34


旅役者35


旅役者36



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/14(火) 00:01:08|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

木登り 1957年10月

遠い遺伝子がそうさせるのでしょうか、子供達にとって木登りは楽しい遊びでした。
低学年の頃は身体が軽いこともあってか、町中にあった今では躊躇するような細い柿やナツメの木などにも良く登って遊んでいた事を思い出します。
少し大きくなる頃には、近くの山の斜面に生えていたかなり高い木にも登れるようになり友達同士で
ターザンごっこや太い幹の間に秘密基地を作って、ワクワクするような冒険と想像の世界で遊んでいました。
今の子供達は、そんな体験もあまり出来る環境がないので可哀想ですね。


木登り




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/17(金) 23:42:47|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

盟友 1957年10月

高山市で写真館を営業しながら、多くの素晴らしい作品を残されてる写真家田中一郎さんのポートレートが残されていました。
父とは高山時代にお互い写真を通して友情を深め、暇が出来ると一緒に撮影旅行に出かけたり、行きつけのBarやCafeで熱く写真談義をしていたと聞いています。
その後父が高山を離れ東京で生活していても、父の生涯の盟友としての存在でした。


田中一郎氏
田中一郎氏

父の肖像
田中さんが父のカメラで撮影した、父のポートレート。    撮影:田中一郎氏




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/21(火) 03:08:00|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

年末の御挨拶

今年もいよいよ残りわずかとなってしまいましたが、年の瀬を迎え皆様どうお過ごしでしょうか。
早いものでこのブログを始めて1年間が過ぎ、写真の枚数もかなりの数をご紹介する事が出来ました。
当初はこのブログをこれほど長く続ける事が出来るとは思っていませんでしたが、なんとか続けられてきたのは、
皆様の温かいご意見やコメントに励まされたお陰だと思って下ります。 
この一年の間に、このブログを通してお知り合いになった皆様、本当に感謝致します。
ありがとうございました。
今回から年明けの間、暫くお休みさせて頂きますが、来年も皆様のご期待に添えるよう励みますので、
ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

皆様が健やかなる新年をお迎えになられますよう、心よりお祈り申し上げます。




今回はいつものブログの趣向と変わりますが、今年の秋から始めました動画配信サイト「どりーむサラダ」の中からクリスマス向けのストップモーションアニメションをご紹介させて頂きます。



もろびとこぞりて by どりーむサラダ



どりーむサラダも併せて宜しくお願い致します。
どりーむサラダ



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/24(金) 18:11:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。