記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイスクリーム 1957年11月

死ぬ前に食べたいのは、子供の頃に食べたレストランで出されたアイスクリームかもしれない。
小遣いで買えたホームランアイスバーも思い出深いが、それとは別物で少しハイカラで都会の香りがしたHershey'sのほろ苦いチョコレートがかかったバニラ味のアイス。
素直に幸せを感じたあの頃とあの味の記憶は、いつまでも溶けない思い出として残っています。
この写真を見ていたらこんな事を考えてしまいました。


街1




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/04(金) 23:48:01|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

地下鉄1957年11月

おそらくこの写真が撮られた年に開通した名古屋市営地下鉄構内でのスナップだと思います。
端正な顔つきの学生の何気ない仕草が印象的な写真です。

私自身が初めて地下鉄に乗ったのは、東京オリンピックの前年、1963年に父が高山市の写真館を閉めて東京に出て来た時に乗った銀座線だったと記憶しています。
地下の暗闇を轟音と共に走る電車と突然明るくなって見えてきた渋谷のビル街、どうして地下を走っていたのに
地上二階を電車が走っているのか、子供心に不思議だった事を覚えています。
地下鉄は田舎から出てきた子供にとって、当時の少年誌などで見た未来都市の雰囲気を感じさせる楽しい乗り物でした。


街2






ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/13(日) 16:47:23|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

女学生 1957年11月

中学生位の年頃の女の子でしょうか、カメラを向けられて恥じらいながらも女の子らしい仕草が印象的なスナップです。
今では見かけませんが、当時は学校から家に帰っても普段着に着替えず制服姿で遊んでいましたので、当然埃ぽくて所々テカテカの学生服、それでも一着の学生服を大切にして着ていた事を記憶しています。


女学生3



女学生2



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/19(土) 02:09:52|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校生活 1957年11月

当時父は学校の卒業アルバム写真撮影も依頼されていましたので、現、飛騨高山高等学校、旧名称、斐太実業高校時代の生徒さん達の楽しそうな高校生活の写真が記録されていました。
昔見た青春映画や青春テレビドラマのワンシーンのような、まだまだ純朴な感じが残る学生さん達の懐かしさを感じる写真です。


高校生3


高校生1


高校生2




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/26(土) 03:19:06|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。