記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涙の理由 1956年10月

男の子は泣くな、人前では泣くなと育てられた世代、子供には大切な何かを伝えたいメッセージなのですが、理解されず叱られて、また悔しくてさらに大泣きしてしまう、そんな事が私にもありました。
人前も気にせず大泣きしていたあの頃、何故あんなに泣いたのか理由も忘れ、遠い記憶になりました。


泣き虫
一人 大泣きの女の子


泣き虫2
こんなに泣いているのに、なんで写真なんか撮ってるのという冷静な表情の女の子と
カメラを向けられ戸惑いながらも涙が止まらない女の子



お勧め本:泣いちゃダメと育てられた世代で、子供に泣かれておろおろしてしまうお母さんにお勧めします。

子どもの「泣く理由」がわかる本―泣く力・甘える力を伸ばせば、必ずしあわせに育つ子どもの「泣く理由」がわかる本―泣く力・甘える力を伸ばせば、必ずしあわせに育つ
(2005/11)
阿部 秀雄

商品詳細を見る




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/15(木) 08:00:00|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<道 1956年10月 | ホーム | おばあさん 1956年10月>>

コメント

Re: yokoblueplanet さまへ

こんにちは
感情が溢れて出てくる涙は、泣くことでストレスが発散されて
泣いた理由も忘れてしまう事があります。
この年になると、さすがに昔のように大泣きは出来ませんので
心労は溜まるばかりですが、年齢と共にまた涙もろくなるのは
自然の摂理なのでしょうかね。

ロデオの撮影は順調ですか、
yokoblueplanet さんのロデオの躍動感あふれる写真を
また拝見出来る事を楽しみにいています。
  1. 2010/04/15(木) 14:44:35 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:詩穏さんへ

こんにちは
私は、悪さをしてのお仕置きは、暗室に綴じ込まれる事でした。
明かりを付ける知恵も働かない程、暗闇の中で大泣きしていた事を思い出します。
今でも少し閉所恐怖症の傾向があるのは、この時のトラウマかもしれません。

当時写真館で働いていらした方に、お会いした事は驚きですね。
いつ頃勤めていらしたか分かりませんが、現在はご高齢になっていらしゃると推測します。
私が子供の頃ですので、私の知らない当時の様子などもお聞き出来そうですね。
またお会いする事がありましたら宜しくお伝え下さい。
  1. 2010/04/15(木) 14:30:59 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

私も思い出してしまいました!

こんばんは。私も思い出して、写真の女の子があんなに一生懸命泣いているのに、思わず笑ってしまいました。でも理不尽に叱られて担任教師に校長室まで引っ張られた時は(級友3-4人と)、本当の悔し泣きでしたね。ちょうど写真の女の子の年代には祖父に叱られて泣いていました!メチャクチャ大泣きしてましたが、泣くのも良い運動でした!
  1. 2010/04/15(木) 11:41:36 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

この写真を観て思い出した事があります。
私は、悪戯、もしくは兄弟喧嘩、または親の言うことを聞かない等でよく親から叱られました。
三人兄弟の真ん中と言う事もあってか、とにかく
悪でっちだったのです。
叱られると『蔵に入れるぞー』と近所の蔵のある親戚まで、担がれながら連れて行かれました。
その道中、足をバタつかせ大声で泣きながら連れられて行ったのを思い出しました。
懐かしい思い出です。

tontoさんへ
ご報告。
先日、最近まで高山で写真店を営んでいた方にお会いする機会がありました。
私がtontoさんのお父様の話をすると、なんと!その方は、お父様のところで、アルバイトをした経験があるといい、お父様と田中一郎さんとのライバル対決など、懐かしそうに話してくれました。そして、お店が何処にあったのかなどなど、仕事のことなどすっかり忘れて、ワクワクしちゃいました。
  1. 2010/04/15(木) 10:45:25 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/105-6a663b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。