記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白川郷 洗い髪 1956年10月

子供の頃、母が鏡台の前で髪を梳かす姿を、暫く見ていた記憶があります。
女性の洗い髪の姿や髪を梳かす仕草には、何故か惹かれるものがありますが、濡れた黒髪の女性に色香を感じるのは、私だけではないと思います。
今の若い方は考えられない事でしょうが、「5日に1度はシャンプーを」の新聞広告が掲載されたのは昭和34年の事ですので、当時は女性でも週1回程しか洗髪しなかったのではないかと思います。
そういえば、銭湯でシャンプーなど使わず石鹸で髪を洗っていた子供の頃、洗髪する人は料金が違っていた事を思い出しました。


髪を梳かす1
祭を控え洗い髪をしている少女
少量の水で髪を洗う技も必要でした。

髪
ドライヤーなどない生活、髪を乾かすのは自然乾燥でした。


髪を梳かす3
軒で髪を整える少女
此から祭に出かけるのでしょうか。

ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/27(火) 07:50:13|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<白川郷 祭の親子 1956年10月 | ホーム | 白川郷 障子明かり 1956年10月>>

コメント

Re:yokoblueplanet さまへ

おはようございます。
コスタリカですか、誠に羨ましい。
いつかは是非訪れてみたい国の筆頭です。
実際に訪れ、非武装中立の社会情勢や環境保護などを
客観的に見てみたいです。
ブログの記事を楽しみにしています。
  1. 2010/04/29(木) 11:34:40 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

こんにちは。今日はコスタリカの雨林と異なる雲林(と訳すか? Cloud Forest)からです。観光業が一番の資源となっている豊かなコスタリカ(国の名前からしてそうなのですが)、人々もゆったりとしているようで、予防医学の医者が、「一番安全な場所」と云っていたのが良く判ります。森の中のニオイは、なかなか面白いです。植物も動物も様々な生存のための進化を遂げていて、それをニオイで特出させたり、形状や色でしたり、、,動物と同じで飽きません。時間を見つけて少しずつブログにアップして行きます、一寸時間が掛かりそうですが。地域性のもの等、お父上の作品,楽しみにしています!
  1. 2010/04/29(木) 05:56:14 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:野良上手さまへ

こんばんは
父も半世紀後にこんな形で公開されると思って、撮影はしていなかったでしょうが、
野良上手さまのコメントを読んで、あらためて写真の面白さを感じています。
  1. 2010/04/29(木) 02:39:14 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

このような普段の生活の匂いがするような、
それでいて普段の生活では目が止まる事のないような、
こういった写真を50年以上も前に撮っている。
そしてそれを今日目にすることできる。

すごいなぁ。
  1. 2010/04/28(水) 23:11:27 |
  2. URL |
  3. 野良上手 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 小日向草さまへ

こんにちは
コメントありがとうございます。
同じが仕草が、好感を持ったり逆に不愉快に感じたり、
人によって反応が違うのも不思議ですね。
好きな人でもあの仕草は頂けないな~とか
嫌いな人でもその仕草で見方か変わったり。
  1. 2010/04/28(水) 12:02:34 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

女性の所作と中でも、髪を洗ったり、とかしたりする場面には、目が止まります
男性にはない、なんとも言えない雰囲気があります



  1. 2010/04/28(水) 09:28:24 |
  2. URL |
  3. 小日向草 #8iCOsRG2
  4. [ 編集 ]

Re:SnowPaper さんへ

こんばんは
展示会お疲れ様でした。
せっかく形よく良い雰囲気で展示されていたのに3日間では短いですね。
例会での一席・二席を独占おめでとうございます。
たぶん本町哀歌シリーズからのお出しになるのかなと想像していました。
他の方がどの様な写真を提出されているかはわかりませんが、
SnowPaper さんの写真には見る側に、撮影者の思いを伝える力がありますので
選出されたのではないでしょうか。

  1. 2010/04/28(水) 01:30:02 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:yokoblueplanet さまへ

こんばんは
ばんどり意外にも地域性の伝統工芸などが写っていましたらご紹介します。
>本来の生きる術を見失ってしまう
山などの自然に入ると実に多様な匂いが溢れています。
一概には言えませんが、子供の頃から、土の匂いも知らない人工的な環境で育ってしまっている現代の若者達には、嗅覚などの感覚幅も狭くなり、本来あるべき匂いなどにも神経質に反応してしまうのかもしれませんね。
  1. 2010/04/28(水) 01:02:29 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

>私が好きな組写真は、要素が違う写真の組み合わせが、思わぬイメージや発見を
生むような構成の組写真です。

そうですね。

今日の例会、一席・二席を独占しました。
夕張と本町系なので、写真に不自由することなく組めました。

ただ、互選の例会なものですから、tontoさんの上記の言葉が頭に残っていて
僕は『早春賦』というタイトルの他者の作品に
ずっと眼がいってました。

いい写真だったのですが、入選外でした。

自分含めて、まだまだ勉強です。
  1. 2010/04/27(火) 20:10:52 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

人間のニオイ

こんばんは。昔は「朝シャン」も無く、デオドラントも街には氾濫していなかった。人間の色々なニオイがふんだんにまき散らされていた時代。今は人間のニオイを消し去る事に細心の注意を払うよう広告に洗脳されている時代。増々ニューロティックな自意識過剰の人間が増えて、本来の生きる術を見失ってしまう~一連の写真を見させて頂いている内にこんな考えが沸々とわき上がって来ました。
  1. 2010/04/27(火) 16:03:59 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:Greenさまへ

こんにちは
コメントありがとうございます。
地方に行った時など。昔から営業をされてる銭湯を見つけると、
あの懐かしい空間に浸りたくて、時間が許せば思わず入ってしまいます。
そんな銭湯も今では少なくなって寂しいですね。
  1. 2010/04/27(火) 11:34:23 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:SnowPaper さんへ

おはようございます。
組写真を意図したわけではなく時間軸で並べて、ご紹介したわけですが、
結果そうなってしまいましたね。
組写真の表現手段は多岐にわたりますので、考えてしまうと難しくなりますが
ある意味、何でもありですので、組み合わせた写真に作者の意図と個性が出せれば
良いのではないかと思います。
私が好きな組写真は、要素が違う写真の組み合わせが、思わぬイメージや発見を
生むような構成の組写真です。
  1. 2010/04/27(火) 11:19:09 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

白川郷 洗い髪

髪洗いの場面まで記録していたのですね。一枚目の水しぶきがいい感じ。v-218
私も小さい頃は銭湯に行ってましたが、髪洗いの木札があったのを思い出しました。
三助さんもまだいた時代です。懐かしいですね。
  1. 2010/04/27(火) 09:20:43 |
  2. URL |
  3. Green #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

この娘さんが15歳くらいだとしたら、現在70歳くらいでしょうか。
そのくらいの女性はみなさんある一定の気品がありますよね。

何故かそんな事を考えてしまいました。

一枚目はスローシャッター、二枚目はポイントを変えて、
そして三枚目も敢えて貌をとっていない。

組み写真のお手本のような写真ですね。

今日は写真の例会日で、今月は組写真もアリの例会です。

三枚組みを2つ焼いたのですが、なんか気持ちが萎えそうです(笑)

  1. 2010/04/27(火) 09:08:02 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/112-f7793d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。