記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白川郷 祭の親子 1956年10月

山々の神霊に感謝と祈りを捧げる白川郷どぶろく祭は、秋も深まり収穫の済んだ10月中頃、夜明け前の「起こし太鼓」の音で始まります。
早朝から昼過ぎまで、五色旗を持った氏子の方々が集落を練り歩き、夕刻から神社境内にて、獅子舞の奉納後、その年の冬に仕込まれたどぶろくを奉納して、その後参拝者や客人にどうぶくを振る舞わる酒宴は夜更けまで賑わうそうです。

祭の朝2
祭典神事に出かける親子
おそらく集落を出ていた父親が、久しぶりに息子に再会して祭に出かける、そんな事を想像させる親子の写真です。


祭の朝3
祭の朝
同じ集落で育った親友同士の久しぶりの再会、お互いの近況などを伝え合っているのでしょうか。



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/29(木) 07:36:38|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<白川郷 獅子舞 1956年10月 | ホーム | 白川郷 洗い髪 1956年10月>>

コメント

Re: yokoblueplanetさまへ

おはようございます。
写真が撮られた当時は、養蚕産業も衰退し、大家族も分家が進み、働き手も仕事を求めて
集落を離れて白川郷も過疎化が進んだ頃だと思います。
あくまで私の推測ですが、住み慣れない町暮らしなどから、祭りの為に久しぶりに帰郷した人達の安堵感などが表情に表れているのではないかと思います。
  1. 2010/05/01(土) 01:56:21 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

良い顔ですね。

おはようございます。相変わらず良い顔の表情がありますね。核家族でなく大家族で暮らす事から来る,人間関係への「おおらかさ」「慣れ」「自信」などがにじみ出ているのでしょうか。大家族での暮らしは色々と苦労も多かったとは思うのですが、逆に変に神経質になったり落ち込んだりしても、年配者の考え方で救われたり助けられたりとまた違った体験があったのではないかと。
  1. 2010/04/30(金) 20:35:08 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/113-c38f3f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。