記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬至の朝市1956年12月

昼の時間が一年で一番短い時期 小雪降る朝市の光景です。
当時は今のように、一年中様々な新鮮野菜などの食品が手に入る時代ではありませんでした。
長い冬を迎える高山の朝市では、野菜の種類も限られ、冬野菜の白菜、大根、蕪、葱などはありましたが、秋に収穫して保存の利く豆類や芋類、加工された漬け物などが中心で売られていたのではないかと思います。


冬の朝市4
褞袍(どてら)姿の親と子
子供が着ている絞り染めのちゃんちゃんこの柄がなかなか良いのでは・・・

冬の朝市1
冬至の日にかぼちゃを食べると、風邪や中風にかからないとわれてました。
秋に収穫し保存していた黒皮かぼちゃが並んでいます。最近は品種改良などで、この姿のかぼちゃは見かけなくなりました。

冬の朝市2
ゴム長靴よりも暖かくて軽い藁で作られた深靴を履いたおばあさん

冬の朝市3
長い冬に備えて保存食でもある芋類や豆類を扱う露店


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/23(日) 07:56:01|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<馬 1956年12月 | ホーム | 裏通り 1956年12月>>

コメント

Re: ひーとん さまへ

こんにちは
私が沖縄市内に泊まった時に、早朝必ず立ち寄りる所があります。
不思議に郷愁を誘う、時間が止まってしまった様な空間の牧志公設市場奥の新天地市場です。
オジーオバァーの元気に働く姿を見ていると、子供の頃に見た朝市に彷徨い込んだ様な
何故か懐かしい安らぎを感じます。

>ぼくはコンビニが無いと不安になります。
私自身も夜間や早朝などに利用していますが、売れ筋の仕組まれた商品展開に
踊らされるようで余りコンビニ好きではありません。
コンビニ依存症の方が増えて来たのはいつ頃からでしょうか、
小売りの店舗の減少と重なる様に、増えてゆくコンビニやチェーン店の存在は
日本中何処へ行っても同じ町並みで、多様性がなくてつまらなくなりました。
町と共に人々も画一的に染る恐怖感があります。
  1. 2010/05/25(火) 14:25:39 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: kidclub さまへ

はじめまして
コメントありがとうございます。
祖母さんは、当時アーケードもなくて、広々とした柳並木の安川通りで商いをしていらしゃったのですね。
当時の写真では、あの緩やかな坂道に、商店と向かい合うように朝市が開かれ盛況だった様子が
記録されています。
未整理フィルムの中に、安川朝市の様子を記録した写真がありましたら、またご紹介したいと思います。

私自身記憶にあるのは宮川沿いの朝市からですが、今と違って食品以外の様々な商品も並んでいて、
祭の様な楽しさがあった事を思い出します。
お母様も現役で商いをなさっていらしゃるとのことで、世相も代わってご苦労もおありでしょうが、
今では少なくなった顔が見える商いを、是非続けて頂きたいと思って下ります。
  1. 2010/05/25(火) 14:14:16 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

 昔の人の生活の知恵は本当にすごいと思います。

 現代人には無い「豊かさ」があるんでようね!

 食べるもの、着ているものすべてにおいて。

 ぼくはコンビニが無いと不安になります。
 近所のコンビニが改装中ではがゆく思います。
  1. 2010/05/24(月) 23:39:43 |
  2. URL |
  3. ひーとん #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして
いつも感動して見させて頂いております
前回の朝市写真
故祖母の通っていた朝市風景に出会えて
両親共に感動しました
母親は現役宮川朝市です
飛騨の伝承野菜等を販売しております

昔のような活気、生活感や人の繋がりを再認識したいです

  1. 2010/05/24(月) 22:23:21 |
  2. URL |
  3. kidclub #-
  4. [ 編集 ]

Re: 望二花さまへ

こんばんは
どういたしまして、簡単な説明でしたがお役に立ったでしょうか。
スキャナの購入をお考えのようですが、どのメーカでも基本機能は
数年前から驚くほどの進展はありませんので、新製品でなくても大丈夫だと思います。
また何かありましたら御気楽にご相談下さい。

>最近はこういう優しい顔の老人はあまりいないですね。
厳しさを知ることで優しくなれる、そんなお年寄りが当時は多くいらしたと思います。
  1. 2010/05/24(月) 01:40:47 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

tontoさん、写真のスキャンのやり方お教えいただきありがとうございます。
スキャナを買わないとな…藁靴のおばあさん、柔和な表情で美しいですね。寒さの厳しい中、
足腰が痛いのでは、とか考えちゃいます。最近はこういう優しい顔の老人はあまりいないですね。
  1. 2010/05/23(日) 21:11:11 |
  2. URL |
  3. もにか #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Re:なか さまへ

こんにちは
ひだっちですか、顔のないさるぼぼが、
今では顔つきキャラクターと変化したのですね。
知りませんでした。
  1. 2010/05/23(日) 16:13:54 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: snowpaper さんへ

こんにちは

当時の高山朝市は、組合などもなく誰でも出店できたそうです。
その後、利権問題などで立ち退きや廃止などの紆余曲折がありまして現在に至ります。
今では朝市そのものが観光の目玉にもなって観光客の方々で賑わいを見せていますが、
出店者の高齢化など後継者不足などの問題があるそうです。

人間の繋がりが希薄になってしまった現代では、人と人とが直接出会う場所には、
なにか心惹かれる物がありますね。



  1. 2010/05/23(日) 15:55:04 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

おぉ~(〃▽〃)
ココもGWに行ってきたので印象深いです♪

藁の靴を履いたお婆ちゃんの背景…
面影が残ってます。

今は『ひだっち』が徘徊してました(^^)
  1. 2010/05/23(日) 15:10:46 |
  2. URL |
  3. なか #-
  4. [ 編集 ]

朝市。

こんにちは。

名前ばかりの最近の朝市とはまったく違う、本当の庶民の生活のための朝市ですね。

小樽や函館にも観光客相手ではない朝市もありますが、どんどん消滅していっているようです。

国外の色んな映像をみても市場と駅ほど心を揺さぶられる場所はないですね。

食と移動手段という、生活と密着した場所だからなのでしょうね。
  1. 2010/05/23(日) 12:45:05 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/124-12ef3390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。