記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬 1956年12月

農耕馬を引いて町中を歩いている伯父さん、こんな光景も懐かしい風景になりました。
現在でも高山の家々には、玄関などに縁起物として和紙に描かれた絵馬を貼る伝統的風習が残っています。
元々は馬を奉納する代わりに生まれた絵馬は、その意味合いを変え、無病息災、商売繁盛、子孫繁栄などの福をもたらす縁起物として人々に親しまれ、毎年夏に、松倉観音堂、山桜神社の2カ所で、開かれる絵馬市はたいへんな賑わいを見せる風物詩の一つになっています。


冬の朝市5
馬を連れて買い物


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/26(水) 07:43:51|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<クリスマス 1956年12月 | ホーム | 冬至の朝市1956年12月>>

コメント

Re: yokoblueplanet さまへ

今晩は
馬を題材にした映画繋がりで、モンタナを舞台にロバート・レッドフォード主演「The Horse Whisperer」内容はイマイチ入り込めませんでしたが、馬やモンタナの映像が美しかったので印象に残っています。
そう言えば、トム・クルーズがロデオチャンピオン役の映画制作の話題が、少し前にあったことを思い出しました。
どんな内容かは分かりませんが、映画上映後に日本でもロデオがもう少し注目されると良いですね。
  1. 2010/06/01(火) 02:32:56 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

「ジュニア・ボナー」

こんばんは。「ジュニア・ボナー」は西部の男の生き方の一つを象徴するような良い映画ですね。スティーヴ・マックウィーン演じるジュニア・ボナーがどうしようもない父親に賞金で飛行機の切符を買ってあげ、次にカリフォルニア州サリナスのロデオ大会へ出発する所で映画は終わります。賞金を獲得したのはアリゾナ州プレスコットの大会ですが、両方とも歴史ある有名なロデオ大会です。サリナスは今年100年目を迎えます。
  1. 2010/05/31(月) 20:49:17 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:yokoblueplanet さまへ

こんにちは
当時都会では車での運搬が一般的になっていましたが、高山では子供の頃 
まだまだ馬が大八車を引いて荷物を運ぶ光景をよく見かけました。
西部劇や時代劇に登場する、颯爽とした印象の馬とは違い
優しそうで少し潤んだ黒い瞳をした、悲しそうな馬の印象が残っています。

馬好き繋がりで話は変わりますが、ロデオ大会の撮影もなさっているのyokoblueplanetさんは ご存じでしょうが、
何故か高校生の頃に見た サム・ペキンパー監督 スティーヴ・マックィーン主演映画の「ジュニア・ボナー」を思い出しました。
今まで見た西部劇とは一線を画する、失われゆく西部の詩情が印象に残る良い映画でしたね。
  1. 2010/05/31(月) 16:59:43 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

馬のいる生活

こんにちは。下の朝市の風景も皆さんの表情が生き生きとしていて素敵ですが、この馬さんのお尻とおじさんの笑顔が非常に魅力的です。馬は大好きなので、馬のいる生活は憧れます。
  1. 2010/05/31(月) 14:42:19 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:鷲谷 渉 さまへ

はじめまして
コメントありがとうございます。
失われて行く時代の断片を記録する意味で、写真の面白さを感じて頂き感謝致します。
ご訪問ありがとうございました。
  1. 2010/05/28(金) 02:08:49 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

とても珍しいものを見せて頂きました。

ふらりと立ち寄った感覚のところ、
あたかも別時代に入り込んだかのような錯覚さえ
あります。

全ての写真がまさに昨今では見られないシーン
ばかりですが、昭和40年生まれの当方にとっては
自身の幼少期の一部で目にしたことのあるような
懐かしさも感じています。

それにしてもこの大きな臀部をこちらに向けた
馬の迫力!

当時、人間世界において馬が有していた意義
について解説頂いて再認識したことがあります。

近代に入ってはお目にかかることが滅多にない
とはいえ、地方の田舎を訪れた時に馬頭観音様
に出会うことがあります。

当方、密教行者でもあり、暫く以前には
゛オン アミリトド ハンバ ウンパッタ゛という馬頭
観音・真言を唱えていたことがありました。

師匠から、かつての時代に馬が実社会の中で
意味する意味が大きかった話を伺ったことも何
となく思い出したところでした。

暫し、時空を超えたひとときを
ありがとうございました。

鷲谷 亮然
  1. 2010/05/27(木) 14:18:39 |
  2. URL |
  3. 「Real PT成会」主宰・鷲谷 渉 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/126-bb31130d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。