記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマス 1956年12月

クリスマスが、一般的に日本の年中行事になったのは、昭和初期の頃だそうです。
私も子供の頃には、意味も分からずクリスマスは何かプレゼントが貰える特別な日で、年末になるとワクワクしながらその日が来るのを待っていた記憶がありまが、物心が付いた少年の頃になると、世間の人達がクリスチャンでもないのに何故この日を祝うのか不思議でした。
今思うとその疑問は、私が日本社会の曖昧さを知る始めだったかもしれません。
祭行事の神道、葬儀や婚礼は仏教、死生観では儒教、地鎮祭などの民間信仰、結婚式やクリスマスではキリスト教など、私も無意識に取り込んで生活していますが、日本はまさに八百万の神さまがいらしゃって大変賑わいを見せています。
実際は疑問ですが、統計調査で日本の宗教信者数は、人口の二倍いるそうで、なんでも取り入れてしまう日本人一般の宗教観は、日本固有の面白さかもしれません。

当時の年月を遡りながらご紹介していますので、時季外れの内容になってしまいました。

クリスマス
姉と兄と私
姉と長男の兄に囲まれクリスマスケーキを前に嬉しそうにしていますが、残念ながら私自身はこの時の記憶はありません。



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


1956年度(昭和31年)の出来事をまとめたニュースがありましたので、ご覧になりたい方は続きの項目にお進み下さい。
1956年(昭和31年)の日本のニュースです。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/29(土) 02:02:57|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<父の背中1957年1月 | ホーム | 馬 1956年12月>>

コメント

Re:yokoblueplanet さまへ

こんにちは
コスタリカの次はアジアですか、お疲れ様でした。
山登りに喩えると、上を目指して坂を登る人、霧の峠で立ち往生する人そんな感じでしょうか。
目標を見失って達成感を得られない混沌とした状態にこそ、立ち位置を確かめるために、
少し引き返して新たな道を探す勇気も必要かもしれませんね。
  1. 2010/05/30(日) 12:27:05 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

おはようございます。昨日日本に戻りました。懐かしい日本の風景に合う事ができて、ホッと一息と云う状況です。
今回はしばらく振りのアジアだったのですが、ジャングルのガイド役をしてくれた若者達の「やる気」に清々しいものを覚え、感動する部分も多く、大切に持ち帰りました。日本の5~60年前、若者達も同じような気持ちを持っていたのではないかと。日本の現況は若者達にとって厳しいものですが、アジアへ出かける若者も多い今、何か大切なものを持ち帰ってくれる事を願っています!
  1. 2010/05/30(日) 10:04:14 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:流木作品さまへ

はじめまして
ご訪問ありがとうございます。
大正時代や昭和初期の写真ですか、当時の貴重な記録が写されていたのではと思うと
誠に残念ですね。
私も亡き父の写真を改めて見直すことで、当時父が感じていた思いに、
少しでも触れることが出来た事を感謝しています。
更新を続けますのでまたご訪問してください。 

今後も宜しくお願い致します。
  1. 2010/05/29(土) 15:28:42 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

こんにちわ、いつも有難う。
当方65才、どの写真を観ても懐かしく感じます。
死んだ親父も写真を撮るのが好きで大正時代から昭和の半ば頃までの写真が沢山ありましたが火事で全て焼失しました。
貴方のブログを観て親父のことや昔の良き日を毎日思い出しております。
  1. 2010/05/29(土) 14:04:49 |
  2. URL |
  3. 流木作品 #-
  4. [ 編集 ]

Re: september30さまへ

今晩は
確かにそうですね、あの子供の頃に感じでいた素直な思いを忘却する事で大人に成長するのであれば、それは悲しい事かもしれません。
幼い頃から現実を突きつけられる子供達は、その後に夢や広がりのある発想が制限されてしまうでしょうね。
幾つになってもファンタジーを持つことは大切かもしれんません。
  1. 2010/05/29(土) 03:49:06 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

私も幼いころはサンタクロースの存在を信じていて、今年こそはその正体をつきとめようと遅くまで目を覚ましていましたが、いつも眠ってしまい結局サンタを見たことはありません。それが朝おきるとちゃんと枕元に、母の長いストッキングにぎゅうぎゅうに詰められたプレゼントがありました。
子供にとってはお伽話のような夢の世界を持つことは宗教とは関係なくすばらしいことだと思います。現在の子供たちはどうなのか知りませんが、あれはあれで良かったのでは、と思うのですが・・・
  1. 2010/05/29(土) 02:28:09 |
  2. URL |
  3. september30 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/127-b999d912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。