記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽発表会1957年1月

当時全国では「うたごえ運動」、都会では「歌声喫茶」などが盛んな時代でした。
音楽教室発表会での記録の為に撮影された写真ですが、当時歌われていた愛唱歌や童謡などが聞こえてきそうです。
日曜日の昼下がり、家々のラジオから、NHKのど自慢素人演芸会の公開放送が流れていた事を思い出します。

音楽教室発表会1
スラックスにセーラー服姿の女子中学生。

音楽教室発表会2
ワカメちゃんカットの女の子、童謡でも歌っているのでしょうか。

音楽教室発表会4
高校生のコーラス部。

音楽教室発表会3
取りをつとめるゲストはプロの方かたもしれません。



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/04(金) 01:42:38|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<朝市の子供 1957年2月 | ホーム | 父の背中1957年1月>>

コメント

Re:yokoblueplanet さまへ

こんにちは
携帯電話もそうですが、以前はこうしてネット上でコミュニケーションをとる事も
一昔前は考えられませんでした。
私の世代の方には私を含め、電話に対してかけることや出ることに、
プレッシャーを感じ無意識に緊張する事があります。
電話で話す内容も、仕事関係か緊急時の何かの連絡位でコミュニケーションを
図る目的では使われていなかった気がします。
そういう意味で今の携帯電話は別物と考えた方がいいかもしれませんね。
映画サロゲイトはまだ見ていませんが、機会があったら見てみたいと思います。
  1. 2010/06/05(土) 19:34:03 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

携帯電話

こんにちは。携帯電話の普及は緊急時に大いに役立って良いのですが、所構わず、それも混雑した歩道を歩きながら、運転しながら、と云う姿を見ると、現代病かと。。。いつも誰かと繋がっていなければいられない、自分で静かに考える時間は当然無くなっているのではと思います。一昔前、しばらく振りに日本の電車に乗った時に見た異様な光景を思い出します。ほとんど全員が下を向いて携帯電話のキーを叩いているか読んでいるか。この辺り、これからどちらへ進むのか?!ブルース・ウィリスの映画に「サロゲイト(Surrogate)」がありますが、生身の人間は機械の中。代理「人間」が町中へ出てすべてを代行する、と云う話でした。
  1. 2010/06/05(土) 17:16:53 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:杣家さまへ

大変失礼致しました。
同じ様なコメントを返してしまって誠に申し訳ございません。

「杣家の暮らし」拝見させて頂きました。
杣 さんのプロフィール拝見しますと、ご出身は岐阜県なのですね。
ちょうど私の兄の世代と同じ位だとお見受けしました。
ブログを拝見して、杣 さんが元気に働いていらしゃる姿に元気づけられます。

追伸
毎朝ご訪問して頂き大変感謝致します。
次回は、其方に遊びに行きますので宜しくお願い致します。
  1. 2010/06/05(土) 01:30:41 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

杣家ふたたび!

コメント 5月7日にも入れさせて頂きましたよ (笑

この様な立派なブログより杣家のようなふざけたブログが上位ランクに居て申し訳なく思うほどです
 m(_ _)m
毎朝内外からポチしていますよ

一度 「杣家の暮らし」に遊びに来て下さいませ
  1. 2010/06/04(金) 17:57:25 |
  2. URL |
  3. 杣家 #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

Re: September30 様へ

こんにちは
勝手な想像で失礼にあたるかもしれませんが、私から見て起伏に富んだ人生を歩まれている、
September30 様に、その様なコメントを頂きますと大変恐縮してしまいます。
当初ネガ整理の励みになればと始めたブログでしたが、私の身近にあった記録でもあるのに、多くの方々に反響を頂き感謝すると共に、記録としての写真の面白さを感じているこの頃です。
此方こそありがとうございました。
  1. 2010/06/04(金) 14:31:44 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: 詩穏 さまへ

こんにちは
私も詩穏さんの更新を楽しみに拝見しています。
当時は今のように多様な娯楽もありませんでしたが、それ故に熱中度は高かったでしょうね。
テレビが一般的に普及していなかった頃、人だかりの背中ごしに、相撲やプロレスなどの
中継放送を見ていた事を思い出します。

私が高山のイメージで思い出すのは、初夏を迎える今頃の季節です。
城山や北山で無心で走り回って遊んでいた事が懐かしく思い出されます。

「猫の溜息」の方は、未だにどう進めて行こうか考えていて
中途半端なブログになってしまって申し訳ございません。
週一位で更新していければいいのですが・・・
  1. 2010/06/04(金) 14:24:25 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:杣家さまへ

はじめまして
ご訪問ありがとうございます。
多くは約半世紀前の岐阜県高山市周辺の写真です。
当時の風土や人々の暮らしなどに触れることが感じられて下されば幸いです。
少しずつですが更新させて頂きますので
宜しくお願い申し上げます。
またご訪問してください。
  1. 2010/06/04(金) 14:22:20 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: yokoblueplanet さまへ

こんにちは
現代は世の中に溢れるあまりの情報量の多さに、人々は即時性や身近な事柄にしか手を付けられなくなっているのが現状じゃないでしょうか。
モダンタイムスのチャップリンみたいに、流れてくる情報を懸命に処理する人達は、些末な事柄と共に、残すべき事柄まで短期間に忘れてしまう恐ろしさがあります。

現実味を失いつつあるといえば、先日喫茶店で、向かいどうし座った二人が顔も見ずに、携帯を使い会話をしているのを見てさすがに驚きました。
  1. 2010/06/04(金) 14:20:25 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

子供の頃の写真をすべて失くしてしまった私にとって、こちらのブログは、まるで我が家の古いアルバムを見ているような錯覚に陥ります。言い換えれば、これら一連の写真は、私個人にとっても貴重な記録なのです。改めて御礼を言わせてください。
ありがとう。
  1. 2010/06/04(金) 11:54:29 |
  2. URL |
  3. September30 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは、いつも更新を楽しみに拝見しています。
1950年代、まだそれほど娯楽のない時代だったんですよね
観客の後姿、真剣に聞き入っているとなーと思いました
自分たちの出番を待っている人たちなのかなとか
友人や家族が出演してるのかなとか
この写真に限らず
1枚の写真からいろいろな情景が想像できます。
憧れます♪

高山もずいぶん緑が濃くなってきました。
最近はもっぱら花や緑ばかり撮ってます
あまり深く考えすぎることもなく淡々と撮ってる感じです(笑)

お忙しいとは思いますが猫写真も更新楽しみにしています♪

いつもありがとう。
  1. 2010/06/04(金) 10:53:32 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

郷愁を求めて

ときどき拝見させて頂いております

差し支えなければ一つ教えていただきたいのですが
地域はどちらでしょう?
  1. 2010/06/04(金) 09:54:21 |
  2. URL |
  3. 杣家 #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

学ぶ意欲/姿勢

お早うございます。一昔前、まだありとあらゆる情報が氾濫しておらず、携帯電話「中毒」的症候も見られなかった時代、学ぶ意欲が盛んだった時代の雰囲気が感じられますね。手軽過ぎて情報の大切さも軽んじられている、あるいは現実味を失いつつあるのが今でしょうか?!
  1. 2010/06/04(金) 07:48:32 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/129-ff7e9017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。