記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

卒業記念 1957年2月

斐太実業高校(現 岐阜県立高山高等学校)昭和32年に卒業を向かえた3年生の方々のアルバム用記念写真だと思います。
当時の高校生は今に比べると少し大人びて見えます。
高山高等学校は前年の1956年の夏に火災により校舎が消失しました。
またこの写真の撮られた2年前の1955年には、ノーベル化学賞を受賞した白川英樹さんが卒業されています。


卒業1
背景のSLは、愛称はシゴハチ1939年製造のC58形蒸気機関車です、当時高山本線で活躍してました。

卒業2
今は無き懐かしの高山會舘の前で
ルネ・クレマン監督の名作「居酒屋」の手書き看板が時代を感じさせます。
家の前にあったこの高山會舘は、子供の頃頻繁に出入りして遊んでいた映画館で、内容が解からなくても毎週替わる洋画を観ていた記憶があります。


ご訪問ありがとうございます 。
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
1956年 7月29日 岐阜県立高山高等学校 火災の写真

高山高等学校 火災の写真2


高山高等学校 火災の写真1

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/13(日) 07:54:33|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<小学校の授業風景1 1956年3月 | ホーム | 夕暮れ 1957年2月>>

コメント

Re: yokoblueplanet さまへ

今晩は
猛暑での撮影お疲れ様でした。
それにしてもyokoblueplanet さんはタフですね。
私も海外ロケ撮影の経験は何度かありますが、2~30代の頃は、近くの映画館やBARによく行って遅くまで遊んでいたのに、最近は夕食をとったらホテルに直行して寝てしまい、映画を観る体力は残っていません。
  1. 2010/06/14(月) 22:07:55 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

映画「トランスフォーマー」

こんばんは。今晩ロデオ大会撮影終了後に休みながら(今日は40度近い猛暑で一時期ほとんど日射病状態でした!)TVで放映されている映画を見ていたのですが、ハリウッド製作の「トランスフォーマー」の中で他の惑星から地球を守るために来ているトランスフォーマーたちが、「乱暴で粗野な地球人だけど、若者の中には期待できる人間がいる」と云っている台詞がありました。確かに諦めずに次世代にきちんと情報を伝える努力をし続けないと、と思いました。お父様の写真も、いつもながら、そんな力を持っていると思います。
  1. 2010/06/14(月) 17:45:12 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:北さんへ

コメント返しありがとうございます。
ラン ラン ラン 
汽車はゆく 汽車はゆく・・
楽しい想い出の様子が想像出来ます。
歌の題名と同じ、石原裕次郎さんと吉永小百合競演の映画を見た記憶があります。
  1. 2010/06/14(月) 16:56:34 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:杣家さまへ

>昔は飛騨を 「斐太」 を書いたんでしょうか?

私も分かりませんでしたので、ネット検索をしてみたのですが
日本書紀では飛弾、万葉和歌集では斐太と記載されているようです。

「斐太の言は杣也と、按ずるに杣は材木の名にて匠工の杣木を造るなり、
 此国材木多くして其民の課役皆匠工となるが故国名をなすか(仁徳紀民部式)」

なんだか杣師と関係ありそうな和歌ですね。

また文武天皇(697~707年)の時代、斐太の農民が神馬を文武天皇へ献上をしたことにより
斐太之国をその駒にちなんで「飛騨国」と改めになったということです。

因みに何故、斐太実業高校が斐太の字を使ったかは分かりませんでした。




  1. 2010/06/14(月) 00:50:00 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

高山線を走るSL!

高い建物がなく のどかな風景
仲良し斐太実業高校生
昔は飛騨を 「斐太」 を書いたんでしょうか?

このころ私は中学1年生くらいでした .。oO
  1. 2010/06/13(日) 19:49:29 |
  2. URL |
  3. 杣家 #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

Re: 北さんへ

今晩は
北さんは、ちょうど写真の学生さんの方々と同じ年代ではないでしょうか。
少し年代は違いますが、舟木一夫さんの「赤い夕日が 校舎をそめて ニレの木陰に はずむ声」
の歌が聞こえてきそうな写真ですね。
  1. 2010/06/13(日) 18:34:33 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

まるで写真の中に
居る筈のない自分を探してしまいました。
  1. 2010/06/13(日) 13:46:33 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/132-57c1948f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。