記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小学校の授業風景1 1956年3月

当時の小学校での授業風景が記録されていました。二回に分けてご紹介します。
アルバム用の写真ですので、少し演出くさい感じがしますが、私自身この学校に5年生まで在校していましたので、
様々な懐かしい記憶が蘇ります。
高山市立西小学校、昭和32年の児童数は1350人で、現在の六倍以上の子供達が通っていたそうです。
昭和の始めに建てられた木造二階建ての校舎は、今では四階建ての新校舎に変わって以前の面影は、子供達で賑やかだった広い校庭ぐらいになってしまいました。
そんな校庭も大人になって観たときに、こんなに狭かったかと感じた想い出があります。

(高山市立西小学校)
小学校授業風景1
社会の授業 

小学校授業風景2
社会の授業 郵便ごっこ
糸電話を作って遊んでいた事を思い出しました。

小学校授業風景4
社会の授業 スライドを見ながら
スライド映写懐かしいですね、黒幕を引いた薄暗い教室に射し込む埃ぽい光芒の印象が記憶に残っています。

小学校授業風景3
図書館
教室にあった石炭ストーブでなくて薪ストーブを囲んでの読書、本の少なさが気になります。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/16(水) 07:33:33|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<小学校の授業風景2 1957年3月 | ホーム | 卒業記念 1957年2月>>

コメント

Re:yokoblueplanetさまへ

今晩は
一クラス50人以上、当時の先生は大変だったと想像出来ます。
しかし体力的には大変でも、当時は塾通いもなく、子供達は学校を中心に
学んだり遊んでいたので、先生もやり甲斐があったかもしれませんね。
  1. 2010/06/20(日) 16:19:17 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

"Brazil"

こんばんは。はい、「ブラジル」はかなり強烈な印象を残しました。傑作の一つですね。しばらくの間、ヴィデオにされなかったように記憶しています。
最新の教室風景、体育の授業も、子供たちがのびのびと動いていて良いですね。もっと力強さが感じられます、地表が近い、地に根付いていると云う感じがあって。
  1. 2010/06/20(日) 15:16:05 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:yokoblueplanet さまへ

こんにちは
>「未来世紀ブラジル」は原題 "Brazil" だったでしょうか?
原題はBrazilで間違いありません、英国映画独特のブラックユーモアに溢れた作品で、
全体主義の恐ろしさを描いた、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」からインスパイアされ
制作されたそうです。
近代アメリカの抱える問題などにも重なるテーマも含んでいて、私には楽しめました。

>抜けたくても抜けられる場所が残っていないようです、残念ながら。
既に、脳中の神経細胞のように張り巡らせたネットワークからは逃れることはできないでしょうね。
  1. 2010/06/18(金) 09:57:06 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

「未来世紀ブラジル」

こんばんは。はい、本大好き人間としては、本文化は残したいですね。「未来世紀ブラジル」は原題 "Brazil" だったでしょうか?80年代の映画で "Brazil" と云うタイトルの映画がありましたが、最後に残る自由領域「心/精神」をテーマにした作品だったと記憶します。
情報管理されてがんじがらめにされる状況、できれば避けたい所ですが。抜けたくても抜けられる場所が残っていないようです、残念ながら。
  1. 2010/06/17(木) 15:56:56 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re: 杣家さまへ

今晩は
今よりも素朴だった事はありますけど
いつの時代でも、はねっかえりや やんちゃな子はいたと思いますよ。
それでも、この子ども達の世代が、日本の高度経済成長の担い手だった事実は
感謝しなければいけませんね。

  1. 2010/06/17(木) 00:12:47 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

本当にいい子ばかりで

今の様に はねっかえりな生徒は見当たらない様です
みんな素朴で・・・

思いまするに
この子たちが大きくなって、今の日本を築き上げてくれたんだなあと感慨を新たにします.。oO
  1. 2010/06/16(水) 21:13:46 |
  2. URL |
  3. 杣家 #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

Re:yokoblueplanet さまへ

こんにちは
当時電話は一般家庭にまで普及はしておらず、町内に数台ある電話を呼び出して
使っていた事を 聞いたことがあります。
我が家は商いをしていましたので、幼いときから電話はあったと記憶していますが、
あの黒い電話機の呼び出し音はあまり好きではありませんでした。
電話の性能も良くありませんので、大きな声で電話をする大人達を見て育ちました。
今でもその時の感じでつい大きな声を出して電話をしている自分に気付く時があります。

アナログからデジタルに変わり、情報化時代となった今、この先携帯電話などのデバイスも本来の
用途を離れた意味合いの情報伝達装置としてどんどん変化していくのでしょうね。
手軽に情報に繋がるということは、手軽に個人が管理されるという事となりそうで、
管理されている未来社会を描いた映画「未来世紀ブラジル」の様にならなけばと思います。

iPadなどの新しいインターフェースの登場で出版関係でも大きく変貌を迫れていますが、
私達の世代以降、本を知らない世代が生まれた後は、本という媒体も過去の遺物として扱われる
恐怖観があります。
せめて私が生きている間は、本をめっくて読む楽しみはなくしたくありませんね。
  1. 2010/06/16(水) 17:02:16 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

50年前

こんばんは。糸電話、53年前ですね。今の携帯電話の普及状況からは想像し難い風景になってしまっていると考えると、言葉を超えた領域に入ってしまいます。今は見えない糸で繋がっている状態でしょうか。
電子図書が広まっている現在、図書館もこれからどういう形態になるのか、興味深いものがあります。でも「読む」には本に「触れる」と云う別の感覚も伴うので、その辺りの変換はどうなるでしょう?!
  1. 2010/06/16(水) 12:19:20 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:詩穏さんへ

こんにちは
そうでしたか、私はこの学校で卒業はしていませんが、ある意味で同窓生ですね。
あの木造の校舎や講堂には、様々な想い出が残っています。
転校当時、授業をやめて駅まで見送りに来てくれた同級生の皆さんの
一人一人の顔が懐かしく思い出され、その時頂いた寄せ書きは今でも私の宝物です。
私が通っていた頃には、1クラス50人くらいで1学年3組あったと記憶していますが、
それにしても生徒数が少なくて廃校寸前とは本当に寂しいですね。
  1. 2010/06/16(水) 11:33:27 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

母校です

おはようございます。
西小学校は私の母校です。
今や西小はドーナッツ現象のため郊外の小学校は人数が増えて西小は廃校寸前といってもいいかもしれません。
私の息子が通っていたころでさえ、学年1クラスしかないという状態です。
運動会などの行事も寂しいものです。
  1. 2010/06/16(水) 09:24:32 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/133-741b0ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。