記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

路地の子供 1957年4月

幼い男の子が、嫌がる様子もなくすっぽり収まっている三方らしき台は、何かはわかりませんが、鏡餅のようですね。
時間が止まった様な昼下がり長閑な路地の情景です。

幼子 1957年4月



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/07(水) 07:32:13|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<道1957年4月 | ホーム | 立ち話 1957年4月>>

コメント

Re:evergreenさまへ

はじめまして
ご訪問ありがとうございます。
昭和30年代の人々や暮らしなどをご紹介しています。
世代の違う方々にも、当時の緩やかな時の流れを
感じて頂けたら幸いです。
またご訪問してください。
  1. 2010/07/10(土) 12:02:24 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして
ホントのモノクロですね
すごいです!
応援ポチ♪
  1. 2010/07/09(金) 18:16:14 |
  2. URL |
  3. evergreen #-
  4. [ 編集 ]

Re:yokoblueplanetさまへ

おはようございます。
道が車で占領されていない当時の風景を見ていると、なぜか心落ち着くのは何故でしょう。
便利さとの引き替えに失われた事柄は、人が安心して暮らす上で案外大きいものかもしれませんね。
  1. 2010/07/09(金) 09:46:24 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

路地で遊ぶ子供の姿

こんにちは。
大人が目を離しても大丈夫な時代を思い出させる映像ですね。最近は田舎でも外で遊ぶ子供の数が少なくなっている様子で、淋しい物があります。子供が安心して遊べる環境は、その社会の健康度のバロメーター。子供の元気な声が聞こえる場所、もっと増えれば良いなと願ってます。
  1. 2010/07/09(金) 03:57:00 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/140-ef5cfc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。