記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祭化粧1 1957年4月

高山祭では屋台曳き揃えが有名ですが、御巡幸もなかなかの見応えがあります。
御巡幸は神輿、獅子舞、闘鶏楽、裃姿や稚児の総勢数百名の大行列が町を巡ります。
私自身は稚児行列の経験はありませんが、同じ年頃の子ども達が町を静静と練り歩いている姿を沿道から見ていた記憶が残っています。

祭化粧2
御巡幸に参列するために子供達が稚児装束を着てお化粧をしてもらっています。

祭化粧1
紅をさしてもらって神妙にしている子供

祭化粧3
お白いを塗られ装束を着て子供なりにポーズを決めているところが可愛い。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/19(月) 07:42:07|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<祭化粧2 1957年4月 | ホーム | 祭の朝 1957年4月>>

コメント

Re:かみ~ さまへ

こんにちは
私にとって高山で過ごした子供時代は、今思うと非常に貴重で
大切な経験だったと回想しております。
このブログをとうして父の写真を改めて見直すことで、当時父が感じていた思いに、
少しでも触れることが出来た事を感謝しています。
更新を続けますのでまたご訪問してください。 

「市民時報社」の件ですが有り難いご提案 誠に感謝致します。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2010/07/22(木) 10:18:03 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:miaoさまへ

始めまして
ご訪問ありがとうございます。
古い写真ですが、何かを感じて頂けたら嬉しいです。
今の様に物がなくても、何故か前向きに生きられた時代 
写真に焼き付けられた人々を見ていると、此からの世の中にも
学ぶべき物があるかもしれませんね。
今後も楽しみながら更新していきますので またご訪問してください。
コメントありがとうございました。
  1. 2010/07/22(木) 09:44:10 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

高山の財産

写真館の憶えはないのですが、本町3丁目の裏町はよく遊んだ場所です。
高山会館・昭楽座も懐かしいです。
つまり私の青春の場所でした。

高山では「細江」さんや「稲垣」さんの知名度は高いですけれど、「菅原」さんも立派な高山の歴史の宝庫です。

「琴高臺」もそろそろ完結に向かいます。
実現の可否は別にしても、一度「市民時報社」に紹介させていただきます。
悪しからずご了承ください。
  1. 2010/07/21(水) 15:18:00 |
  2. URL |
  3. かみ~ #b03wljAE
  4. [ 編集 ]

感動いたしました。

初めまして
杣家のブログからお邪魔させて頂きました。

遡って拝見させて頂きましたが、今の日本に欠けている大切なものを発見した思いです。
人間性に溢れた関わりの大切さに感動致しました。
このような作品は多くの方に見て頂きたいと思います。
貴重なお写真を拝見できまして、幸せいっぱいです。
ありがとうございました☆
  1. 2010/07/21(水) 08:31:13 |
  2. URL |
  3. miao #vtnV657M
  4. [ 編集 ]

Re:かーぴぃ さまへ

ご訪問頂きありがとうございます。
今の子供達が見たらどんな印象か非常に興味があります。
素直に感じたままの感想が聞けたらと思って下りますので
その節は宜しくお願い致します。
色がないのも不思議かもしれませんし、今の子供達にとっては
時代劇の世界かもしれませんね。
  1. 2010/07/21(水) 01:37:55 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

初めまして !

「杣家の暮らし」で拝見しまして、
気になり、訪問させて頂きました☆

自分が生まれる前の昭和の暮らしを、
こうして写真で拝見することが出来、
すごく勉強になります !

主人の実家は岐阜県の郡上市にありますが、
そこで見たアルバムの中を彷彿とさせるような、
暮らしが垣間見えまして、
子どもにも見せてあげたいなぁと思いました。

素敵なお写真、たくさんありがとうございます。
  1. 2010/07/20(火) 23:09:18 |
  2. URL |
  3. かーぴぃ #Z5GHyyj6
  4. [ 編集 ]

是非、作品展を

始めまして。
杣ちゃんのブログからこちらへ。
先ほど、コメントさせていただいたのですが・・・。
作品、全部拝見させていただきました。
先ほどのコメントで土門 拳さんや臼井 薫さんを感じさせると。
その後、経歴からやっぱりと。
ブログだけではもったいないですねぇ。
是非、多くの皆さんに見ていただきたい作品ばかり。
私は名古屋からですが、知り合いのギャラリ-にお話させていただきたいくらいです。

さりげない人の配置には驚きと感激以外ありません。
随分、学ばせていただけ、嬉しいかぎりです。
主婦の趣味程度で始めた写真ですが、近年「何かがおかしい」と考えているばかりでした。
いい出会いをいただけ感謝。
有難うございました。
杣ちゃんにも感謝。
恐縮ですが、リンクさせていただきたいのですが?

素敵な作品ばかりでした。
  1. 2010/07/20(火) 12:39:18 |
  2. URL |
  3. すみれ #mBZ8VEVo
  4. [ 編集 ]

懐かしい

始めまして。
杣ちゃんのご紹介でこちらへ。
懐かしいの一言と写真家「土門 拳」「臼井 薫」を思わせる作品に感激。

父が子供の頃高山方面へ出張で出かけることが多く、おみやげは必ず三島豆と麦焦がしのお菓子でした。
そんな、私の思い出も・・・。
当に、団塊の世代の私は遊びの馬乗りなんて大好きでしたよ。
素敵なブログに出会えました、ありがとう。
  1. 2010/07/20(火) 07:52:52 |
  2. URL |
  3. すみれ #mBZ8VEVo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/144-6f851ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。