記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兄 1957年5月

近くても遠い仲 兄弟関係とは不思議です。
兄達とは年も離れていましたので、幼い頃は世話などで何かと可愛がってもらいました。
反面、思春期の頃は兄弟間で私はいつも子供扱いで悔しい思いをした事も思い出として残っています。
兄達が成人して家を離れて暮らす様になってからも、両親が健在の頃は何かと顔を合わせていましたが、
柱となっていた両親が亡くなり集う場所がなくなってからは、兄弟仲が悪いわけでもありませんが、
お互いあまり干渉しあわない関係が続いています。
互い家庭を持ち暮らしていますので、自然の摂理としてそんな関係になってしまうのは仕方のないことかもしれませんが、
こんな写真を見ていると当時を思い出してしまい少し寂しいですね。


兄弟2
10歳違いの次男との写真

兄弟1
写真館の受付カウンターの上で、12歳違いの長男との写真。
当時のフィルムや写真用品が懐かしいです。




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/10(火) 06:03:13|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<田植え 1957年5月 | ホーム | 高山高等学校 1957年5月>>

コメント

Re: どっかの国の王子さまへ

始めまして
こちらこそ訪問ありがとうございます。
古いモノクロ写真のブログですが、宜しかったら又ご訪問して下さい。
  1. 2010/08/15(日) 12:32:22 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

訪問ありがとうございます^^
  1. 2010/08/14(土) 21:52:43 |
  2. URL |
  3. どっかの国の王子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: yokoblueplanet さまへ

今晩は
サル類といっても多種あるわけですから、不明瞭な質問をして申し訳ありません。
丁寧に答えて頂きありがとうございます。
yokoblueplanet さまのブログを拝見していて、以前から感じていた事ですが、
ニホンザルの表情や仕草などに親近感を覚える事です。
同じ霊長目ですから当然かもしれませんが、不思議と日本人の表情や仕草に
類似する点があって驚くことがあります。
やはり熱帯に生息する猿と違って、閉ざされた日本の気候や風土などの環境に暮らす
ニホンザルには何故か親近感を覚えてしまいます。
  1. 2010/08/13(金) 23:54:18 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

お猿の世界

こんにちは。
食べ物が不足した場合、どうなるか。。。情報不足で適切な答えがありませんが、弱ったお猿さんは赤ちゃんも含め置き去りになるようです。母猿にしがみつく事が出来ない赤ちゃんは、お母さんにはどうしようもなくそのままになる事が多いようです。たまに死産した赤ちゃんを肌身離さず持ち歩く母猿が出現して話題になりますが、それはそれだけ事例が少ないと云う事と理解しています。このグループの中でも、食べ物を対象にした小競り合いはしょっちゅうありますが、飢餓に近い状態ではどうなるか、、、答えがありません。
面倒見役のボス猿を中心として動く200頭前後のお猿さんが地獄谷へ毎日山から下りて来ますが、山に食べ物が少なくなった場合、他のボス猿の率いるグループとの間に縄張り争いが生じるか。。。チンパンジーの世界だと凶暴性が前面に出る事が多いですが、ニホンザルの世界はそれに比してずっと平穏のようです。
  1. 2010/08/13(金) 15:04:17 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:北さんへ

今晩は
「親の心、子知らず」 親の気持ちとしてはそうだったと思います。
写真を通して、家族の大切さを再確認させてくれた事を感謝しなければいけませんね・・・
  1. 2010/08/12(木) 01:26:48 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: 杣家さまへ

今晩は
半世紀以上も生きていれば、色々ありますが、
私自身こんな幸せな時代を過ごせたことは、
様々な人に感謝しなければいけませんね。
  1. 2010/08/12(木) 01:24:42 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

写真を撮られているお父さんは
「弟を愛おしく思う兄」と「兄を頼もしく慕う弟」
兄弟仲良く助け合って生きていって欲しい・・・
こんな思いで撮られたのでしょうねえ。

  1. 2010/08/11(水) 12:39:21 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

2枚の写真とも兄弟愛があふれ出て・・・ 

可愛い弟に優しいお兄ちゃんたち
今はそれぞれに・・・
久しぶりに顔を合わせると言えば冠婚葬祭くらいでしょうか
昔は取り戻せません ネ
皆さんいつまでもお幸せにと思わずには居られません
  1. 2010/08/11(水) 05:11:15 |
  2. URL |
  3. 杣家 #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

Re:yokoblueplanet さまへ

今晩は
人間を含め生物の世界では、親元を離れれば単体で生きていかなけれいけない、
太古からの当然の摂理なのでしょうね。
yokoblueplanet さまにお聞きしたいのですが、サル類ではどうなんでししょうか?
豊富な食べ物など余裕があるうちは、コロニーは安定していますが、余裕がなければ
テリトリーを守るために、血縁関係の者同士でも、お互いを傷つけ合う事もあるもではないかと思うのですが、今の日本の状態はそんな感じなのでしょうかね・・・・・・
  1. 2010/08/11(水) 00:17:48 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

家族関係

こんばんは。
家族間の付き合いは大人になると疎遠になる傾向があって、確かに淋しい面が出て来ますね。姉妹よりも兄弟の方に多いでしょうか?日本は特にこの家族関係の崩壊が顕著のように感じます:過渡期の現象かも知れませんが、このままでは家族が集まる機会は減少するばかりで先が思いやられますね。もっと気軽に皆が行き来できるような時空間が造られないと、増々人の孤立化が進行して。。。
  1. 2010/08/10(火) 17:58:04 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/150-59de04cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。