記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

跨線橋 1957年6月

小学生の頃、この橋の上で日が暮れるまで蒸気機関車を見ていた記憶があります。
遠くから聞こえる汽笛の音、徐々に近づいてくる力強い蒸気機関のブラスト音、迫り来る煙の迫力、車輪が線路を叩くリズミカルな音、蒸せるような匂い、今でも目をつむると鮮明に思い出せる程、その存在感は強烈でした。


橋の上1
高山市 跨線橋上にて


SL9600形蒸気機関車
1920年度製 9600形蒸気機関車 愛称キューロク 1913年に初の国産蒸気機関車として登場し長い期間日本全土で活躍しました。


橋の上2




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/19(木) 07:43:11|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<養蚕 1957年6月 | ホーム | 町内運動会 1957年6月>>

コメント

Re:杣家さまへ

今晩は
現代でも頑張っているお母さんは沢山いますが、
お母さんがママと呼ばれるようになった頃から、
母親像のイメージは変わってしまいました。
かっぽう着姿のお母さん像が、懐かしい存在になってしまいましたね。
  1. 2010/08/20(金) 22:28:16 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: 詩穏 さんへ

今晩は
50年も経てば変わってしまうのは当然でしょうね。
子供の頃、この跨線橋を通って原山方面に行くのは
小さな冒険でした、懐かしい思い出です。
  1. 2010/08/20(金) 22:25:47 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

昔のお母さんは頑張った!

殆どのお母さんは3人以上は産みました ネ
けど健康でなければ出来ない事で、体の弱い主婦は畑仕事とか辛いし、とうしていたのでしょう?
昔の事ながら気になって仕方がありません
今の世代、できれば3人以上産んで欲しいですね
子供手当ては3人目からにして (笑
  1. 2010/08/20(金) 18:09:38 |
  2. URL |
  3. 杣家 #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

おはようございます

ここは、よく撮影にいきます。
今では駐車場やホテルが立ち並び
雰囲気はずいぶん変わってしまいました。

当たり前の事ですが線路は今も昔のままです。
  1. 2010/08/20(金) 10:17:24 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

Re: garamond さまへ

おはようございます。
そうですね、確か鉄枠に籐を巻いたシンプルな構造だった記憶があります。
家路に急ぐ、若いお母さんの眼差しも印象的です。
  1. 2010/08/20(金) 09:02:36 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: ファジー さまへ

おはようございます。
確かに本数は少なかったと記憶しています。
当時の時刻表があれば解るのですが、
一時間に貨車を含め数本だったでしょうか。
写真の跨線橋の上からは、駅の引き込み線なども見えて
停止している汽車を見ていても楽しかった思い出があります。
  1. 2010/08/20(金) 09:00:02 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: 北さんへ

おはようございます。
北さんの大切な思い出を聞かせて頂き恐縮致します。
私も汽車の中で大泣きした事を思い出しました。
小学5年生の頃東京に引っ越しの為、高山を離れる際
先生の粋な計らいで授業を休んで、駅まで見送りに来てくれた
多くのクラスメイト達との別れ。
駅では、みんなの手前気丈に振る舞って悲しさを我慢していたのですが
汽車が走り出すと堪えていた涙が溢れ、しゃくり上げるように泣いてしまいました。
良き思い出です。
今では身近に聞くことは出来ませんが、CDなどで蒸気機関車の音を聞くと、
無性に郷愁を誘い当時の出来事が走馬燈の様に蘇ります。
  1. 2010/08/20(金) 08:58:27 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:Midoriさまへ

おはようございます。
私自身鉄道ファンでもありませんでしたが、子供時代の蒸気機関車の存在感は強烈に印象に残っています。
今の時代では、環境面であの煙を吐いて進む姿は大顰蹙物ですが、当時の世相を考えれば、
時代の推進力の象徴として、あの力強い存在感は子供にとって憧れの的でした。
今回ご紹介した写真と同時代に制作されたイタリア映画「鉄道員」は、温かい人間愛に溢れた
感動作で私も好きです。
今の若い世代の方が見たらどの様な感想を持たれるか興味がありますね。
  1. 2010/08/20(金) 08:57:10 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

おぉ!この時代から
自転車の赤ちゃん椅子があったんですね。
今より、ずいぶんシンプルだけど。

お母さんの眼差しが素敵です。
  1. 2010/08/19(木) 21:08:20 |
  2. URL |
  3. garamond #-
  4. [ 編集 ]

私もずっと見ていたい♪

機関車の往来を見ているだけで幸せになれたあの時代・・・懐かしいです。
ただ東海道・山陽本線とは違って高山本線であれば、列車の本数は1時間にどれくらいあったのかが気になるところです。
  1. 2010/08/19(木) 16:51:42 |
  2. URL |
  3. ファジー #UXr/yv2Y
  4. [ 編集 ]

甘き、良き思い出

中学生の頃蒸気機関車の三等車に乗って母の田舎の新潟に行った覚えがあります。
近くの川で遊んだり、田んぼに出て、越後平野を走る蒸気機関車を間近に眺めていたことを思い出します。

≫遠くから聞こえる汽笛の音、徐々に近づいてくる力強い蒸気機関のブラスト音、迫り来る煙の迫力、車輪が線路を叩くリズミカルな音、蒸せるような匂い、今でも目をつむると鮮明に思い出せる程、その存在感は強烈でした。

まさにこの通りの記憶です。

新潟のその祖父が85,6歳の頃、颯爽と下駄に着物姿に笹団子をぶら下げて
横浜の我が家を訪ねて来て皆を驚かせた思い出が蘇ってきます。
そのおじいちゃん、僕が東京大学に入学したと勘違いして、
「そうか、そうか、良くやった」と、かすれる様な声を出し・・・息を引き取りました。
葬儀が終わり、一人横浜に帰る汽車の中で僕は泣きながら
「よし、勉強に励もう!そして立派な○○になろう」と決心しました。

今日の写真を眺めながら、そんな事を思い出しました。ありがとうございました。
  1. 2010/08/19(木) 11:06:18 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

跨線橋

日常的に蒸気機関車が走っている風景を見ることができたなんて素敵ですね。
私は映画の中ぐらいかな。。。古いイタリア映画の「鉄道員」は大好きでした。
若い頃大井川鉄道の蒸気機関車に一度だけ乗ったことがありますが、どちらか
というと観光用ですもんね。
そういえば北区にある「飛鳥山公園」の中の児童遊園には古い都電と蒸気機関車
が遊具の一部としてまだあるのですが、そのレトロな公園を通るとちょっと
なごみます。
  1. 2010/08/19(木) 11:00:43 |
  2. URL |
  3. Midori #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/154-8616ac1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。