記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

床屋 1957年7月

最近の日照り続きで、また雨の情景写真を選んでしまいました。
床屋の店先に貼ってある映画ポスターが時代を感じさせます。
写真とは違う内容の話になりますが、左端上にあるポスター「糞尿譚」そんな強烈な題名の映画があるのは知りませんでしたので調べましたら、小説家 火野葦平さんが1937年に芥川賞を受賞した小説の映画化で、伴淳三郎、森繁久彌、渋谷天外、当時全盛の喜劇人が出演している松竹映画でした。
あらすじを読みましたら糞尿汲取業の話だそうで、内容も強烈で当時の映画界の勢いを感じます。
当時は一般家庭でお世話になってた、青いバキュームカー、今では懐かしい思い出です。


床屋
雨のためにお客さんが来ないのか店先で佇んでる、床屋のご主人

床屋1
レトロな床屋椅子が並んでいます。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/06(月) 07:30:51|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<スナップ 1957年7月 | ホーム | お知らせ「どりーむサラダ」本格ネット配信>>

コメント

Re:杣家さまへ

おはようございます。
今回の表題は床屋じゃなくて「BerBer」にすればよかったかも・・・
それにしても、ご主人が、渋い顔でにらんでいたらお客も入りにくいでしょね。

  1. 2010/09/07(火) 08:53:30 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

久しぶりなレトロ写真!

のれんの英語文字 「BerBer」 が何んともはや (笑
  1. 2010/09/07(火) 04:02:45 |
  2. URL |
  3. 杣家 --; #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

Re: トト子さまへ

今晩は
子供の頃、家の近所にあった床屋さんは,毎月通っていた記憶があります。
床屋さんの思い出では、仕上がり後のシッカロールの匂いですかね。
待っている間に読んだ、漫画本も楽しみでした。
  1. 2010/09/07(火) 00:44:08 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

懐かしいです

小さい頃は、父親の後をついて行って、床屋さんでオカッパ頭にしてもらっていました。
終わると貰えるキャラメルがとても楽しみでした!
お写真の中にも、子供の遊具がありますね。
床屋さんの匂いも、思い出しました。
  1. 2010/09/06(月) 16:01:36 |
  2. URL |
  3. トト子 #xeKoMZc2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/159-125af453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。