記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大八車1955年7月

今では見かけなくなりました軒先に置かれた大八車の上で子供達が遊んでいます。
名称の由来には諸説 一人で八人分の仕事をするなど、いくつかあります。
当時は重そうな荷物を一人で運ぶ姿を頻繁に見た記憶があります。

大八車


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/09(水) 11:47:01|
  2. 1955年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夏の昼下がり 1955年7月 | ホーム | 矢来車 1955年7月>>

コメント

Re:September30さまへ

今晩は
大八車の経験は、中国でしょうか、それとも日本での経験でしょうか。
この当時の写真を見ていると、十数年まえに何度か訪れている中国の田舎で見た
光景と近い世界があり、郷愁を感じた事を思い出します。
現在の中国は、日本の高度経済成長の数倍の早さで急速に変貌を遂げつつありますが、
日本と同じように、成長の影で失われてゆく大切な事柄が、少しでも残ればと祈るばかりです。
  1. 2010/04/16(金) 03:14:52 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

私も祖父の引く大八車に乗せられて、街を行った記憶がありますが、写真の大八の車輪はタイヤ付き!
これだったら私も乗りこごちが良かっただろうに、ガタガタと無舗装の道を行った記憶があります。
  1. 2010/04/16(金) 01:42:15 |
  2. URL |
  3. September30 #MAyMKToE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/16-bd2a5708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。