記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サーカスの動物 1957年9月

私が初めて象やライオンを見たのは、薄暗いテントの中でライトに照らされたサーカスの動物ショーでした。
始めはその存在感に圧倒されワクワクドキドキしながら素直に楽しんでいた事を覚えています。
しかし檻の中で調教師が檻を叩く調教棒の音が怖かったのと、その音に反応して唸りながら下目使いに様子を伺うライオン。
ショーが終わり檻や鎖で繋がれた動物達の悲しげな目を見て、可哀想だなと感じていた事を今回の写真を見ていて思い出しました。
曲芸やアクロバットなどのサーカスショーは楽しくて好きなのですが、今でも動物ショーはあまり好きになれないのは、子供の頃に体験したそんな理由があるからかもしれません。


サーカス14


サーカス06


サーカス07


サーカス15



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/15(金) 00:16:26|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<曲芸 1957年9月 | ホーム | カキヌマサーカス団 1957年9月>>

コメント

Re:yokoblueplanetさまへ

こんばんは
今回のご紹介した写真昭和32年はテレビが一般的には普及を始める前年度になります。
地方から地方へ日本全国を旅をしながら興行をしていたサーカス、大衆演劇、見せ物小屋などの大衆娯楽もまだまだ残ってはいましたが、その後に急速に普及し始めたテレビの影響で娯楽の対象がテレビに移り変わり徐々に元気をなくしていきました。
そんな事を考えると、現在その影響力を失いつつあるテレビの現状や今後の娯楽のあり方について色々と考えさせられます。
  1. 2010/10/18(月) 01:03:23 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい昭和の風景

こんばんは。
「七つの子」のイメージも色々と想像を掻き立てますが、サーカス関連のイメージは、当時のサーカス団にまつわる陰と陽の風評を想起させます。小規模の移動動物園やサーカスの地方興行は娯楽の少ない時代の大イヴェントでしたね。そんなサーカスの雰囲気を十分に捉えた映像群で興味深いですね。
  1. 2010/10/17(日) 21:33:57 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re:ggさまへ

コメントありがとうございます。
私も記憶の何処に仕舞われている、小さな断片を
当時の写真から触発を受け、浮かび上がらせています。
その小さな断片が、また違う断片を思い出させてくれたりして
記憶が繋がっていくのを楽しんでいます。

このBlog にて今までにご紹介した写真は、
未整理で残されていたネガフィルム10年分の約2年分で
まだまだ多くの写真が整理されずに残っています。
それらの作業がある程度目処がつきましたら、
写真展等の発表の場を考えていきたいと思っております。
その折りにはお知らせ致しますので宜しくお願い致します。
ご訪問ありがとうございました。
  1. 2010/10/17(日) 13:20:53 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

いつも、楽しく見させていただいてます。
家内と、写真の被写体と親族とをダブらせて記録に無い、記憶の中の当時を振り返っています。
写真展等でまとめて見る機会を作っていただきたいと思っています。
  1. 2010/10/17(日) 11:42:05 |
  2. URL |
  3. gg #M7chjTgI
  4. [ 編集 ]

Re:nanmo2 さまへ

こんばんは
以前、動物園の二十四時間を紹介するTV番組の仕事をしたことがあります。
ご協力頂いた動物園に何日も通って撮影をしてました。
特に飼育員の方も見た事もない、夜から明け方までの動物達の様子や
誰もいない明け方の園内、とても貴重な経験でした。
  1. 2010/10/17(日) 00:48:59 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

tontoさん、こんばんは。

自分も初めて象を見たのは動物園ではなく、移動サーカス団でした。
ちょっと恐くて遠巻きに見てましたけどね。 (笑)
今の子供たちはやはり動物園なんでしょうね。

ではでは。
  1. 2010/10/16(土) 20:43:04 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集 ]

Re: September30 さまへ

こんばんは
コメントありがとうございます。
人間を中心とした考えかたの動物愛護て何でしょうね?
従属される側からの見たら、余りにも曖昧で人間本意かもしれません。
同じ哺乳類同士の共存関係、深く考えると難しい問題です。
  1. 2010/10/15(金) 03:02:10 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

動物の愛護精神ではたぶん世界一だろうと思われるアメリカでは、サーカスの調教のやりかたが問題になったことがあります。虐待だと言うわけですが、サーカスが下火になったのはそのせいかもしれませんね。
私も象のショウで、釘のようなものが先に付いた棒で叩いているのを見てゾッとしたことがあります。
  1. 2010/10/15(金) 00:39:43 |
  2. URL |
  3. September30 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/173-990d9c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。