記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竈のある風景 1957年9月

母親の作る料理を待ち遠しそうにしている子ども達、竈あるの炊事場でのスナップ写真が残されていました。
我が家で電気釜を使い始めてたのは、いつ頃からかはあまり記憶には残ってはいませんが、
私が物心が付いた時には、東芝製の電気釜があったような記憶があります。
自動式電気釜が家電メーカーから一般発売されのが、この写真の撮られた2年前、この時期から一般家庭での
炊飯方法や家事が大きく変わり始めたかもしれません。
竈に火をおこし、釜でご飯を炊き、料理を作る。今考えると、食べる事への何とも贅沢な時間の使い方を
していた時代だったなと思います。
便利な世の中にはなりましたが、その中には本来の人間の生きるリズムや時間と共に、大切な何かも同時に
失っていったかもしれませんね。


かまど



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/27(水) 01:25:01|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<雨上がり 1957年9月 | ホーム | サーカスの犬 1957年9月>>

コメント

Re:ファジーさまへ

こんばんは
土間の炊事場は確かに寒い時期には辛いですし、実際に使う立場では不便だったでしょうね。
当時住んでいた家の裏に、竈はありませんでしたがやはり薄暗い土間の炊事場の後があり、木製の氷の冷蔵庫が置かれていたのを覚えています。
  1. 2010/10/30(土) 02:11:49 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:nico さまへ

こんばんは
採光の感じからして朝餉の時間帯かもしれませんね。
朝早くから火を起こして調理、昔の母親は大変だったと思います。
それにしても竈と火鉢に七輪、今の密閉性の高い家ではあっというまに
一酸化中毒になってしまいますね。

関西地方では今でも「へっついさん」と言っていると聞きました。
京都では「おくどさん」と言っているのも聞いたことがあります。
語源は解りませんが、落語の演目名にもなってるので昔は「へっつい」
て言っていたのでしょうね。
  1. 2010/10/30(土) 02:01:05 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

火鉢にのせてある藁苞(わらづと)は納豆でしょうか。
七輪も現役ですね。
お母さんが鍋でなにかをちょこっと作ってくれていて
それを兄妹で作るはじから食べている光景かなと
微笑ましく拝見しました。
おやつかな?お芋やお豆かな?と…^^

うちの母は「かまど」とは言わず「へっつい」と言いますが
(東京出身。鎌倉時代から同じところに住んでます)
地方によっても名称は変わるんでしょうね。
  1. 2010/10/29(金) 11:10:10 |
  2. URL |
  3. nico #-
  4. [ 編集 ]

祖父母の家には土間があり、茶の間から一段低いところで祖母がゲタ履きで料理を作ってました。足が冷える。ジトジトして暗い。などと不満を言っていたのを思い出しました。実際、毎日調理をするものにとっては土間の時代は辛かっただろうなと改めて感じました。
  1. 2010/10/28(木) 10:07:57 |
  2. URL |
  3. ファジー #UXr/yv2Y
  4. [ 編集 ]

Re:omu3b さまへ

こんばんは
そうですね、便利さの引き替えに失う、大切な何かを忘れてしまっているのかもしれませんね。
  1. 2010/10/28(木) 01:45:29 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:北さん へ

こんばんは
家の中に土の匂いのする空間がある事は、今の若者にはなかなか解ってもらえないかもしれませんが、
井戸や土間のある家なんて素敵ですね。
都会で暮らしていると、いろいろと不便なことがあってもそんな暮らしに憧れてしまいますのは何故でしょうね。
  1. 2010/10/28(木) 01:32:04 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

何でも便利で簡単になっているようで複雑になっている気がします。
  1. 2010/10/27(水) 22:51:52 |
  2. URL |
  3. omu3b #-
  4. [ 編集 ]

匂いまで感じられます

竃や土間のある風景、懐かしいです。
外から帰って来て、竃の鍋から好きな匂いがすると
我慢できなく・・こっそり蓋を取って覗いていました。
島に家を建てる時大工さんに頼んだ事は、自分の育った昭和の雰囲気・・・でした。
玄関も昔の土間、たたきにしてくれるよう頼みました。
さすがに、風呂と竃は時代の流れで昔風にとは行かず、オール電化です。
せめて、井戸だけでもと台所に引いてもらっています。
昨日、今日のように冷え込んだ日は水道より(電気、水道は海底ケーブルで本土から引いています)
暖かく、重宝しています。
写真を見ていると、小さかった頃の土間の匂いを思い出しそうです。


  1. 2010/10/27(水) 11:08:17 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/177-99b73053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。