記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨上がり 1957年9月

今回は少し趣向を変えて皆様にお願いがあります。
雨上がり傘を回しながら子守りをする少年を角度を変えて撮影されたスナップ写真が3カットありました。
皆さんは、どの写真が印象に残るでしょうか?
今後の写真選択の参考とさせて頂きますので、是非ご意見、あるいは写真番号だけでも宜しいのでコメントをして頂けたら幸いです。



兄弟
(1)

子守りの少年1
(2)

子守りの少年2
(3)



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/30(土) 02:24:48|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<老婆心 1957年9月 | ホーム | 竈のある風景 1957年9月>>

コメント

えぇ!?今更??という感じですが、私の感想書いていいでしょうか・・・。
スミマセン(;-;)
私は2番が好きですとっても!
1番目は、まとまっているんですけれど、
どうせならもう少し左の果物などを入れてほしかったです。
3枚目はふいうちな感じがいいですね。
で、2枚目なのですが・・・。
2枚目も少年は何かを見ているようですが、
それが全く写っていないことで、こちらの想像力が刺激されます。
そして赤ちゃんの表情!私には関係ないわ、と(笑)
後ろに写っている人のバランスもよく、物語を感じます。
でも、これは組写真の方がいいのではないでしょうか。
生意気意見失礼しました!
  1. 2010/11/18(木) 00:19:27 |
  2. URL |
  3. ラサ #an3FTyKE
  4. [ 編集 ]

投票日を過ぎているようですが、
私が選ぶとしたら、
飛びぬけて、 1番です。
ご参考までに記します。

節度と想像力。写し手とそれを見る人の領分を分かち合えることが必要なのでは、と思います。
たぶん、そうしないと被写体が、写真となったとき、語りだせない、のでは・・・
そのためには、いろいろな、塞ぐ ということを避けたほうがいいと思います。
  1. 2010/11/06(土) 22:04:29 |
  2. URL |
  3. コスモスの夢 #HIyWDb8I
  4. [ 編集 ]

期間が過ぎてからになって申し訳ありません。
せっかくなので、私も・・・
1が好きです。
少年の顔が、本当に可愛らしいです。

楽しみに見せていただいています。
  1. 2010/11/05(金) 02:56:21 |
  2. URL |
  3. トト子 #-
  4. [ 編集 ]

2です……かね?

1はなんとなく演出っぽい感じがある。

2は少年の目線の先の物語りを想像させる。
  1. 2010/11/04(木) 09:18:24 |
  2. URL |
  3. かみ~ #b03wljAE
  4. [ 編集 ]

(1)がいいです。

他の写真に比べ、良い意味でテンションが低いというか、力が抜けているから。
  1. 2010/11/01(月) 15:47:21 |
  2. URL |
  3. sotomo #djnh.SQU
  4. [ 編集 ]

迷いに迷いましたが、1を選びました。
写されているもの全てが時代を物語っています。
破れた番傘ならと思いますが、
それだったら、余りにも準備のしすぎだろう・・って逆に思うかもしれません。
1番に選んだ理由は
露店の過日を見つめる少年の眼差しが好きだったからです。
買いたくても手が出ない・・・
そんな自分の少年時代と重なったのかも知れません。
素人が勝手なことを・・・失礼しました。
  1. 2010/11/01(月) 12:15:04 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

個人的には(2)がスキ

全て素晴らしい!(1)はできすぎている。(2)はドキッとする。(3)はハッとする。(1)を見て長崎を思い起こしたのは私だけではなかったのですねぇ。。。
  1. 2010/11/01(月) 05:05:47 |
  2. URL |
  3. ちちちょびちゃん #-
  4. [ 編集 ]

表題から考えると1番ですね。

表題からすると1番を選びます。
表題を考えなければ、3番が面白いです。
でも、3番は傘が子供の持ち物とは
意識しにくいと思います。
むしろ、傘が邪魔だと考えます。
写真の先輩に対して、失礼だとは思いますが
未熟者ですが、そう思いました。
  1. 2010/10/31(日) 23:53:00 |
  2. URL |
  3. Guest #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

Re:ご意見ご感想ありがとうございました。

皆様のご意見ご感想大変参考になります。
今回3枚の写真のどれをご紹介しょうと、悩みはじめていた時、
このブログをいつも見てくださる皆様に、素直にお聞きするのも面白いかなと思い、
今回のような趣向となりました。
当時父が写真表現を模索している様子が窺える今回の3枚の写真を通して皆様の
ご意見ご感想をお聞きし今後の写真選択の参考とさせて頂きたいと思っております。
皆様のご意見をお聞きして、当初の私の選択順位をお知らせしないのも何ですので
お話しますと、ブログの記載と同じ1.2.3の順番です。
個人的には2番が好きなのですが、写真的に少し印象が弱いかなと思い1番にしました。
3番の写真は少年の目線が印象的ですので、おんぶしている妹の顔が此方に向いていれば
この写真を選んでいたかもしれません。

今回、いつも写真選択に迷っている私が、皆様と共有の機会を持て楽しい時を過ごせた事を感謝致します。
当初はこのブログをこれほど長く続ける事が出来るとは思っていませんでしたが、
皆様の励ましや温かいコメントに励まされそろそろ一年を迎えようとしています。
ここまで続けることが出来ました事を感謝すると共に、今後とも皆様のご期待に添えるように
努力しますので宜しくお願い致します。
皆様の貴重なご意見ご感想本当にありがとうございました。
  1. 2010/10/31(日) 23:14:34 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

(1)が好きです
子守をしながらも店先のもの(?)に興味をそそられ
また傘を回す幼い仕草もよく分かり、
やっぱり子どもなんだなぁ・・・と。
  1. 2010/10/31(日) 19:23:31 |
  2. URL |
  3. ponichi #mj/OKJuw
  4. [ 編集 ]

毎回貴重な写真の数々を楽しみに拝見させていただいています。
自分的には1枚目でしょうか。
この子の体の大きさににしてこの赤ちゃん。
昔は兄弟がたくさんいましたからごく当たり前の姿だったのでしょうね。
ちゃんといい靴も靴下もはいているし、普通以上の生活の子だと察します^^
  1. 2010/10/31(日) 06:33:51 |
  2. URL |
  3. u-kazu #-
  4. [ 編集 ]

私は(1)が好みです

そうそう、私も長崎の焼き場に立つ少年を連想してしまいました。
私は(1)が好みです。バックの黒い丸は何だろうか?画像処理したものか?と最初に思わせるところが面白いです。
左下に箱から覗くリンゴによって少年が見つめているものが推測できました。
  1. 2010/10/31(日) 06:28:03 |
  2. URL |
  3. ファジー #UXr/yv2Y
  4. [ 編集 ]

小学生のころこの少年のように毎朝妹を背負って小一時間子守をしながら歩いていたのを思い出しました。
まるで少年のころの自分の姿を見ているような気分です。
その妹も今では4人の孫のおばあちゃんになりました。

私は1番が好きです。
視線があるとどうしてもそれがメインになってしまいますね。
全体に目が行ける1番が抵抗なく入って行けます。

  1. 2010/10/31(日) 02:01:14 |
  2. URL |
  3. はせがわ #TSB56Rmw
  4. [ 編集 ]

僕は

こんにちは、いつも楽しみに観ています。
最近は横浜通いが続いて、高山~横浜の距離の遠さを痛感しています(笑)

僕は3が好きです。
少年がカメラを構えたお父さんに気がついて、こちらを見た瞬間でしょうか。
子供に限らず、そういった瞬間の表情がすきなんです。
  1. 2010/10/30(土) 17:01:21 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

私は(1)です。
傘をまわしている様子がよく伝わるし、
背景も雨上がりの様子がよく分かります。

(2)は背負われた子に意識がいきます。
(3)は少年の表情が面白い。

けれども「雨上がり」という視点では、
(1)がダントツ良いです。
  1. 2010/10/30(土) 13:28:47 |
  2. URL |
  3. 空花 #-
  4. [ 編集 ]

難しい選択です。

いつものお父上の写真と同じく、それぞれに味があり違う意味を持つからです。
少年のポートレートなら迷わず3でしょうが、私は1と2のあいだで非常に迷いました。
もし、tontoさんが 「どれでも好きなのを一枚だけ差し上げます」 と私に言われたと仮定して(図々しい!) さんざん迷ったあげく2を取ります。
構図が他の二枚にくらべてごちゃごちゃしないで、すっきりと決まっている上に、少年の胸のたすき、そばの電柱の落書き、質素な生活を匂わせる画面の中で唯一のモダンな傘の柄、それに遠景の女性の位置が完璧ですね。まるで演出をされたかのような「決定的瞬間」はお父上の得意とされるところです。
しかも、雨の降ったあとの陰気な雰囲気の中で少年の白い野球帽がすがすがしいアクセントになって、ホッとします。
勝手なことを申し上げました。

  1. 2010/10/30(土) 07:28:40 |
  2. URL |
  3. September30 #MAyMKToE
  4. [ 編集 ]

1番ですかね。

ジョー・オダネルが長崎で撮影したという 「焼き場に立つ少年」を思い出していました。

一番の写真の少年の視線の先に何があるのか、
それは手の届かない物なのか・・・・
そういう見方をしてしまいました。




  1. 2010/10/30(土) 06:29:36 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/178-f1069251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。