記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅芝居一座の記録 2 1957年9月

前回に引き続き旅芝居一座の記録をご紹介します。
今回は楽屋で出番待ちの子供役者の様子が、カメラを意識していない自然な姿で記録されていました。
今回ご紹介する旅芝居一座の一連の写真は、当時全盛だったリアリズム写真表現の影響を強く感じる作品が多く、当時の父の撮影姿勢などが覗えて、私にとって興味深い作品群です。


旅役者6


旅役者5


旅役者8


旅役者


旅役者9



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/11/26(金) 02:18:38|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<旅芝居一座の記録 3 1957年9月 | ホーム | 旅芝居一座の記録 1 1957年9月>>

コメント

Re:ペンとカメラ 様へ

こんにちは

今後とも宜しくお願い致します。
ちなみに現在も展示されているかは解りませんが、酒田市の土門拳記念館に展示されている
晩年の土門さんの肖像写真は父の作品です。
  1. 2010/11/27(土) 10:30:27 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

リンクありがとうございます。

こんばんは、ペンとカメラです。リンクして頂いてありがとうございました。こちらからもリンクさせて頂きましたので、今後ともよろしくお願い致します。

それとこの今回の写真も本当良いですね。
最近、土門拳記念館に立ち寄ってその写真を見ていたんですが、この時代のリアリズムに迫る方向性って僕はとても好きです。

ではではコメント欄で失礼致しました。
これからもお邪魔させていただきますー。
  1. 2010/11/26(金) 19:26:24 |
  2. URL |
  3. ペンとカメラ #2kbNzpR6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/187-3db66220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。