記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬のいる風景 1957年11月

私が小学生、ちょうど「名犬ラッシー」がTVで放送されていた頃、我が家でも犬を飼っていました。
昼間は放していましたので自由に近所を徘徊していて、私が学校や遊びに行く時は必ず付いてきて、途中で自分なりの決まりのようにテリトリーを守って、寂しげに引き返していった後ろ姿を記憶しています。
当時は飼い犬でも放し飼いが一般的で、今考えると長閑で多らかな時代だったと思います。


犬のいる風景




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/07(金) 19:24:31|
  2. 1957年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<静止した風景 1957年11月 | ホーム | 町内会 1957年10月>>

コメント

Re:ファジー 様へ

こんにちは
当時は、駄菓子やパン屋さんでは薄い茶紙袋に、
八百屋、魚屋、乾物屋などは新聞紙にくるんでくれました。
一般的にビニール袋はいつ頃から使われ始めたのでしょうか
環境を考えたら当時の方が進んでいましたね。
今年も宜しくお願い致します。
  1. 2011/01/10(月) 16:17:42 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

駅員さんでしょうか、タバコを指に挟んだまま菓子パンを裸でもっているのは・・・こんな販売方法も今では絶滅しましたね。また巨大な木造通信柱にも興味津々です。なんとも見飽きない一枚です。今年も引き続き楽しませていただきますのでよろしくお願いします。
  1. 2011/01/08(土) 20:32:42 |
  2. URL |
  3. ファジー #UXr/yv2Y
  4. [ 編集 ]

Re:September30 様へ

温かいコメントありがとうございます。
ブレッソンは「世界には一瞬だけ秩序が表れる瞬間がある。それを待ち続けて撮るんだ」と語ったと、何かで読んだ記憶があります。
この写真が収められたネガフィルムには、当時の父が構図を決め、犬を中心に遠景から近景までの間にバランス良く人間が収まる瞬間を待っていた様子が窺える、同じポジションで撮られた写真が三枚ありました。
その中でもこの写真は、写真の記録性と表現性の両面を合わせた良い作品でしたのでご紹介させて頂きました。
少し遅れましたが、本年も宜しくお願い致します
  1. 2011/01/08(土) 16:57:08 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

これはまた、ブレッソンの世界ですね。
主題である白い犬と遠景にある犬、それに構図の中の7人の人間像がまるでそこになければならないような運命的な確実さで存在しています。見ていて飽きることがありません。
すばらしい作品だとおもいます。
そのうえ、tonto さんの短いながら心に残る文章はお父上の写真とぴったりと合い、親子でひとつの世界を創造されています。
ありがとうございました。
  1. 2011/01/08(土) 00:22:16 |
  2. URL |
  3. September30 #MAyMKToE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/199-0278e345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。