記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空町の子供達 1956年1月

空町、いい名称だと思いますが、正式な町名ではなく高山市内の城山の北側城下町の高台を通称空町と云うそうです。
江名子川の左右に建つ家並みや路地は、子供の頃に毎日のように遊んでいた記憶が蘇る、今でも昔の面影が残る一画で、高山市内でも私の好きな地域です。
夏休みのある日、友達と城山の中で夢中でかくれんぼをしていて、一人はぐれて不安になった時に、山道の林を抜けた先に見えたのが、抜ける様な青空と小さな池に浮かぶお堂(大隆寺弁天堂)で、この時間が止まったような風景が、今でも何故か強く記憶に焼きついています。

空町の子供達


空町の子供達2

えび坂で橇遊びえび坂で橇遊び
手作りの橇で、服がずぶ濡れになるまで夢中で遊んだ事を思い出します。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/01(金) 13:41:30|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真家 濱谷 浩 1956年1月 | ホーム | 高山二十四日市 1956年1月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/47-d9ed931c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。