記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春の空町1956年4月

桜の名所にもなっている江名子川沿いは民家が多く、生活に密着した小さな橋が多く架かっています。
現在の高山市でも昔の面影が残っている一画で、郷愁を感じさせます。

春の空町1
橋の上で顔が似ているので兄弟らしき2人の子供や小学生の子供が急いで帰る様子など、春の昼下がり 時の止まった様な情景です。


春
親子は何を見ているのでしょうか、何故か惹かれる一枚の絵の様な構図で撮られた写真です。


春の空町2
当時は川沿いに洗濯物などが干されていた事を想い出しました。
川沿いの防護柵などはありませんでしたので、落ちて怪我をする人もいたのではないでしょうか。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/05(金) 13:09:34|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<からくり奉納を見る人々1956年4月 | ホーム | 路地の春1956年4月>>

コメント

こんばんは♪
『空町』今でも言いますよ♪
これは、私が勝手にそう思ってるだけかもしれませんが・・・
吹屋町・そうゆじちょう・鉄砲町のあたりを空町と呼んでるだと思います。
  1. 2010/02/06(土) 19:35:00 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

Re: わかりました♪

詩穏さんコメントありがとうござます。
最近は高い建物が増えて宮川方面から見上げても城山方面が見えなくなったからか、地元でも空町とは云わないのでしょうか?
  1. 2010/02/06(土) 03:05:01 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

わかりました♪

いつも楽しみに観ています♪

何処かわかりました!
吹屋町ですね♪
今もおもかげあります。

  1. 2010/02/05(金) 19:36:43 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/62-b74a7251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。