記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

羊の毛刈り1956年4月

私は当時高山で山羊は見た記憶はありますが、羊の姿を見たことはありませんでした。
日本で羊毛目的として羊が飼育され始められたのは明治以降で、昭和30年代始めには全国で約100万頭飼われていたいたそうです。
その後の高度経済成長とともに羊毛は課税自由化され、海外の安い羊毛に押されて需要がなくなり、羊は食肉にされたりして10年あまりで1万頭まで減少した悲しい歴史があるそうです。


羊の毛を刈る2
毛を刈られる前の羊を連れてきた少年
そういえば数年前のニュースで、毛刈りが嫌で6年間逃げていた羊の羊毛が、数億円で売れた話を思い出しました。


羊の毛を刈る人
横倒しにされ羊毛をバリカンで刈り獲られる羊、観念した表情で悲しそうな目をしています。


羊の毛を刈る1
ブランコで遊ぶ子供達と毛を刈り取られた羊

正面の柱にもたれて羊を見ている男の子が印象に残ります。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/12(金) 09:00:00|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラビット・スクーター 1956年4月 | ホーム | ひよこ売り1956年4月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/67-0ed00dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。