記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

総社例祭の支度 1956年5月

高山市飛騨総社で毎年5月4日5日に行われる例祭の支度をしている子供達です。
煌びやかな衣装を着せてもらって御神幸に参加するのでしょうか。
当時飛騨総社の周りには田んぼや空き地が残っていて、遊びまわっていた記憶は残っていますが、総社例祭での想い出は曖昧で、五月晴れの青空を背景に、裃を着た人達の行列と激しい動きの獅子舞を、道ばたに座って下から見上げていた心像だけが残っています。


飛騨総社例祭1
出番待ちの子供達の真ん中で、思案顔の母親が印象に残ります。


飛騨総社例祭2
白粉を塗ってもらって神妙な顔の女の子


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/19(金) 08:00:00|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<兄弟 1956月5日 | ホーム | 仲良し 1956年5月>>

コメント

小日向草 さんへ

小日向草 さん コメントありがとうござます。

遠い記憶は、良いイメージで膨らみますが、
子供の頃 町にいても見えていた広い空や見通し良い道などの
心地よい空間を、今でもよく思い出します。
  1. 2010/02/22(月) 11:00:18 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

なんだか日本じゃないような印象を受けます。
それにしても、良い天気で、当時の陽の強さを感じる写真ですね。
  1. 2010/02/22(月) 01:51:24 |
  2. URL |
  3. 小日向草 #8iCOsRG2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/72-fb10d091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。