記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少年 1956年6月

此方の心まで見透かされる様な、子供の真っ直ぐな視線に対峙すると、何故か居心地の悪さを感じる事があります。
子供の疑いのない素直な視線は、大人になり失ってしまった何かを気付かせるからかもしれません。
写真の少年の頃、今思うと些細なことですが、祖父から入学祝いで贈られたランドセルのほろ苦い想い出があります。
当時ランドセルと云えば、男子は黒、女子は赤が定番で、祖父から贈られた黄色のランドセルはあまりにも目立ち、通学途中によくからかわれて、へこんでいました。
好きだった祖父から頂いたランドセルを嫌だとも言えず、暫く登校していましたが、我慢出来ずに親に伝えたところ
「目立って良いじゃないか」と逆に窘められ、理解されないことに益々へこんだことがありました。


少年1
大きな瞳で真っ直ぐ見つめる視線が印象的な少年です。


少年2
すりきれた野球帽と長めの半ズボン、いかにも昭和の少年らいしい姿です。
少し拗ねた様子が可愛い。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/06(土) 08:00:00|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<おつかい 1956年7月 | ホーム | 後ろ姿 1956年6月>>

コメント

Re:Greenさんへ

車が増えてきた頃ですので、おそらくで交通安全を考えての配慮だとは思いますが、
それしても当時よく売っていたなと思います。
もしかしたら特注で作って頂いたのかもしれません。
それを思うと、祖父に感謝しなければいけませんね。
  1. 2010/03/08(月) 10:45:39 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

少年

今やパステルカラーのランドセルもポピュラーになりましたが、その当時おじいさまがどうして黄色いランドセルを選んだのかちょっと興味をもちました。

それにしても、まっすぐな視線のこの少年。
息子の小学生時代を振り返ると、男の子ってカメラを向けると照れ隠しか、おどけたり顔をそむけちゃうことが多かったので、こういう一瞬の真顔をとらえられるのは、カメラマンの腕なんでしょうね~。
  1. 2010/03/08(月) 09:05:45 |
  2. URL |
  3. Green #rcExvZCM
  4. [ 編集 ]

Re: ろまんすぐれーさまへ

コメントありがとうございます。
父の高山当時の貴重なスナップ写真のネガフィルムが
多く残されていましたので、デジタイズ整理保存をする為に
ブログを始めました。
まだまだ始めたばかりで、何かと不備な点が目立ちますが、
少しずつ訪問者の方も増えていただき感謝いたしております。
古いネガフィルムで、傷みもありデジタイズ作業も時間がかかりまが、
まだまだ残したい写真も多くありますので、今後もブログの更新をさせて
頂きたいと思っております。

ブログを拝見しました、日本各地を写旅をされていて羨ましい限りです。
またご訪問下さい。今後も宜しくお願い致します。
  1. 2010/03/07(日) 18:47:21 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして!
日本の戦後歴史をふつふつと伝わるお父様の記録は、個人的範疇を超えた日本の貴重な歴史資料でしょう。宇宙が日常生活に根を張る科学が発展した現代からは想像できない市民生活をドキドキしながら、改めてじっくりと拝見いたしました。ありがとうございます。当方、1943年生まれです。飛騨高山にはこの2月にも訪れ5回目です。今後ともどうぞよろしく。
  1. 2010/03/07(日) 17:48:49 |
  2. URL |
  3. ろまんすぐれー #-
  4. [ 編集 ]

Re: はぐれ雲 さんへ

コメントありがとうございます。
またのご訪問宜しくお願いします。
  1. 2010/03/07(日) 16:05:40 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

初めまして

大変興味深く拝見しました
これからの更新を楽しみにしております。
  1. 2010/03/07(日) 11:04:16 |
  2. URL |
  3. はぐれ雲 #P7ldfwG2
  4. [ 編集 ]

Re: SnowPaper さんへ

子供の自尊心は、大人は軽視しがちです。
潜在的に後々まで尾を引きそうなので、気をつけなければいけませんね。
  1. 2010/03/06(土) 22:19:00 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

経験

かなり似た経験をしました。

入学の記念写真を写真館で撮っていただいたのですが
親がランドセルを忘れて、「白黒だからわからないよ」と
赤いランドセル(写真館の娘さんのランドセル(同級生・・・最悪w)を背負わされて
撮った写真がいまだ古いアルバムの中で
眠っています。

小さな、ホントに小さな遠い遠い昔の、
記憶です。

思い出させないで下さい(笑)
  1. 2010/03/06(土) 19:28:28 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/83-cc81fb1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。