記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おつかい 1956年7月

夕暮れ時には、お使いに出かける子供達をよく見かけました。
味噌、醤油などは量り売りで、豆腐は鍋を持って買いに行かされた覚えががあります。
そう言えば煙草も良く買いに行っていました。
買い物ではありませんが、店に写真を撮りにお客さんが来ると父を探しにいかされ、大抵はパチンコでしたので、
玉が出ているときは、景品のお菓子などを持たされ、楽しく帰ってきた懐かしい想い出があります。
最近は気軽に子供におつかいに出すことも出来なくなり、嫌な世の中になりました。

おつかい
大事そうに一升瓶抱えいる少女 (古川町)
家の中から炊事をしながら「早く帰っておいで」と母親の大きな声が聞こえてきそうです。




ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/08(月) 08:00:00|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<街道 1956年7月 | ホーム | 少年 1956年6月>>

コメント

Re: イヨマンテの夜 さまへ

コメントありがとうございます。
オリエンタル画廊が当時の写真館か定かではありませんが、
今度調べてみます。
まだまだ見ていないネガフィルムがありますので、
ちんどんやさんの写真があるか解りませんが、
見つけたら御紹介したいと思います。
横須賀の情報ありがとうございました。
またご訪問下さい。
  1. 2010/03/10(水) 02:32:35 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: Gutchieさまへ

コメントありがとうございます。
そうですね、私も父が現在の人々をどう切り取るか
興味はありますが、それは私達に託された課題ではないでしょうか。

少しずつですが更新致しますので
またのご訪問をお願い致します。
  1. 2010/03/10(水) 02:09:03 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

今の時代にさらに

魅力的なお写真の数々だと思いながら拝見しました。
僕も人物中心の写真を撮りますが、お父様なら今の時代に
どんな写真をお撮りになるだろうとふと考えます。お父様の
世界観とともに、写された人物の魅力が引き出されていると
思います。

今後の更新が楽しみです。

リンクいただいて帰ります。またお邪魔いたします。
  1. 2010/03/10(水) 00:55:28 |
  2. URL |
  3. Gutchie #Y2kgqtPU
  4. [ 編集 ]

初めまして

初めまして、懐かしいの一言でした。
オリエンタル画廊という所が横須賀にあります。先代が写真館をしていたそうで、今は画廊ですが、同じところかわかりませんが、塗装の仕事で行ったことがありました。
ちんどんやさんの写真はありますか?おかっぱ、ぼっちゃん刈りが懐かしい。私の頃はいちょう、少年パンツでしたが、(笑い)また、楽しみにしています。
  1. 2010/03/10(水) 00:29:04 |
  2. URL |
  3. イヨマンテの夜 #-
  4. [ 編集 ]

Re:柏さんへ

柏さんコメントありがとうございます。
答えが見つかるか分かりませんが、
失われて行く刹那を記録に残す意味を
改めて考えている今日この頃です。
宜しかったらまたご訪問下さい。



  1. 2010/03/09(火) 23:34:36 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

初めまして。
去りし時代の日本、写真の中だけのものとなった瞬間。
これぞ写真だと思いました。すばらしいです。
  1. 2010/03/09(火) 21:25:48 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

Re: SnowPaper さんへ

夕暮れ時、家々の窓明かり夕餉の匂いや会話などがの漏れる
あの雰囲気を思い出すと、今でも暖かな気持ちになります。
  1. 2010/03/09(火) 11:41:32 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: wakowphoto さまへ

コメントありがとうございます。
古い写真ですが、関心を頂き感謝致します。
まだまだ、見ていないネガも多く残っていますので
今後少しずつですが紹介させて頂きたいと思って下ります。
ご指導ご鞭撻の程を頂けましたら幸いです。
ご訪問ありがとうございました。
  1. 2010/03/09(火) 11:30:52 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

夕餉の匂い

街が暮れなずむ頃、そこかしこに夕餉の匂いと、その家庭の一日の匂いが
立ち込めていたのはいつまでだったでしょうか・・・

夕張はその面影だけを残し、ひっそりと眠っています。
  1. 2010/03/08(月) 17:53:06 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

写真の素晴らしさを再確認

お父様が残した昭和の記憶、どれも素晴らしいものばかりです。
私は今78歳、多分お父様と同世代の人間だと思います。
どの一枚をとっても、私の青春時代の匂いを思い出させてくれます。
  1. 2010/03/08(月) 11:46:14 |
  2. URL |
  3. wakowphoto #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/84-d14a2ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。