記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の古川町 1956年7月

静かな佇まいを見せる当時の古川町(現在飛騨市古川)に、父は度々撮影に訪れていたようです。
当時は生活用水に使われいた瀬戸川も現在では、鯉が放流され観光客の目を楽しませています。

古川町の夕暮れ時
瀬戸川沿いの情景 
洋装の女性の後ろ姿や籐製の乳母車をひく兄弟、半裸の親父さん、何か物語が出来そうな写真です。  



古川瀬戸川
瀬戸川沿いの情景
以前立ち尽くす親父さん、頼んで立っていただいてる訳ではないと思いますが、門番の様な仁王立ちのおじさんは、カメラを意識しながらポーズを決めてるようです。
川での洗濯風景も見られなくなりました。



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/18(木) 08:00:00|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<路地裏1956年8月 | ホーム | 古川町の子供達 1956年7月>>

コメント

Re: ご返答ありがとうございます。

早速のご返答ありがとうございます。
そうでしたか、知らぬ事といえ失礼致しました。
伯父様は、古川で写真館を経営されているのでしょうか。
父は古川には撮影で度々訪れていましたので、
その時のご縁かもしれませんですね。
  1. 2010/03/31(水) 15:35:50 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

ご返事どうも、
伯父は写真館を経営しておりまして、その関係で知り合いだったのかもしれませんね。
  1. 2010/03/31(水) 14:48:55 |
  2. URL |
  3. Guest #-
  4. [ 編集 ]

Re: 始めまして

始めまして
ご訪問ありがとうございます。
そうでしたか、確かにブログの中での
再会は驚きですね、失礼致しました。
父も魅力的な被写体として伯父様の撮影を
したと捉えていますので、そのあたりを
ご理解して頂けてたら幸いです。

年代が経っていますので、掲載にあたり
ご本人様のご了承が取れませんでした事を
お詫び申し上げます。
御支障がおありでしたらご連絡下さい。
  1. 2010/03/31(水) 10:39:41 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして
驚きました、瀬戸川沿いの人物は間違いなく私の伯父さんです、父とは従兄です。
  1. 2010/03/31(水) 07:04:49 |
  2. URL |
  3. Guest #-
  4. [ 編集 ]

Re:しんさんへ

たしかにドラマの1シーンの様な写真ですね。写されている人たちの関係性を想像させます。

  1. 2010/03/22(月) 01:38:29 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

写っている人たちのそれぞれのドラマが感じられるステキな写真ですね。古い時代なのに生き様が身近に思えます。
  1. 2010/03/21(日) 23:18:48 |
  2. URL |
  3. しん #-
  4. [ 編集 ]

Re: SakeRockさんへ

そうですね、町内には一人や二人怖いおじさんがいて
叱られたものです。
今の個人主義と違い共同体的な見えない糸があって
他所の子でも悪さをすれば叱る、そんな大人が沢山いました。
そういえば口やかましいおばさん達もいましたね。
  1. 2010/03/19(金) 15:01:24 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

知らないおじさんなのに懐かしさを感じます。

子供の頃よくこんなおじさんに叱られたものです。
悪さをしたら知らない子供でも遠慮なく叱る。
それが当たり前の日本の方がいいと思うんです。
  1. 2010/03/19(金) 14:18:48 |
  2. URL |
  3. SakeRock #-
  4. [ 編集 ]

Re: 北さんへ

>舗装されてない道・・・懐かしいですね~。
当時は舗装された道は国道ぐらいで、脇道に入ると
こんな感じの砂利道だったと記憶しています。
ビールの王冠や錆釘などが、めり込んだ道端で
ビー玉や釘差しなどの遊びをしていた事を思い出します。
  1. 2010/03/19(金) 01:01:00 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:SnowPaperさまへ

おそらく定点で構えていて、フレームに収まる被写体の
刹那を捉えた写真だと思います。
パースペクティブの奥行き感に、偶然配置された人々と
その仕草などが不思議な雰囲気を感じさせるのかもしれません。
そういえば何か緊張感が漂う写真ですね。
  1. 2010/03/19(金) 00:51:11 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

土の匂いまでがしてきそうです

確かに、こういう光景はもう見られなくなりましたね。
舗装されてない道・・・懐かしいですね~。
水打ちしたら、土の匂いまでしてきそうです。
ステテコ姿?の叔父さん、立派な髭にお腹。
おろしたての下駄は、まだ足に馴染んでないようですね・・(笑)
  1. 2010/03/18(木) 22:08:06 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

Re:kaoさまへ

初めまして
ご訪問ありがとうございます。
こんな時代ですからこそ、心の豊かさを大切にしたいですね。
古い写真に関心いただき感謝致します。


  1. 2010/03/18(木) 19:54:03 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

この時空に漂っている信頼関係がなんとも
不思議ですね。

誤魔化されない、誤魔化さない緊迫感を
感じてしまいます。
  1. 2010/03/18(木) 19:45:43 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

はじめまして

初めまして、いきなりすみません
昭和の香りいいですね~
今はモノは豊かになったけど、心はどーなのかなって感じています
過去のも拝見させて下さい
失礼いたしました
  1. 2010/03/18(木) 10:35:31 |
  2. URL |
  3. kao #EyDzTc06
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/88-a8b3e396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。