記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家族旅行 1956年8月

私自身この時の記憶が曖昧ですが、我が家のこの時期が、希望と溌溂とした空気感に満ちた、よき時代だったのではないかと思い、郷愁を感じ掲載させて頂きました。
家族揃っての旅行は、私が5歳の頃に、もう一度海に出かけた写真が残されていますが、その後はなかったのでないかと記憶します。
山に囲まれた高山では、海を見たことがない友達に羨ましがられた想い出があります。


海水浴1
夏休みの家族旅行、皆楽しそうである。 (高山本線車中) 

海水浴3
兄弟記念写真(愛知県知多郡南知多町 内海海岸)
海に浸かりながら、カメラを構え支持を出している父の姿を想像してしまいます。
我ながら恥ずかしいのですが、新たに見つけた私的写真を御紹介します。
父が私の海初体験の様子を記録していてくれた事を感謝します。

海水浴2
初経験の海


海水浴4
母 36歳 私1歳半 私にもこんな時があった


海水浴5
海の感触にご機嫌ののようである。

ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/30(火) 08:00:00|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<曲芸団1956年9月 | ホーム | 林間学校 1956年8月>>

コメント

Re:かはっチャ さんへ

おはようございます
コメントありがとうございます。
写真から当時の温もりを感じで頂けて感謝致します。
傷んだフィルムのデジタイズ作業も手間取っていますが
更新をさせて頂きますので今後も宜しくお願いします。
  1. 2010/04/01(木) 11:15:13 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: Greenさんへ

今晩はGreenさん
コメントありがとうございます。
Greenさんの現在から連想しますと、さぞ可愛いいお子さんだったと想像されます。
御祖父さんや御祖母さんも、きっと目に入れても痛くないほど
可愛がっていらした様子が窺えます。
コメントから、海に佇み、お孫さんを抱いて幸せな笑顔の御祖父さんの
映像が浮かんできました。

幼児期の記憶は、成長に応じ主観的自分と客観的自分を使い分けて形成されるそうです。
私にも断片的ではありますが、写真の頃の鮮明な視覚の記憶が蘇ることがあります。
記憶って不思議ですよね。
  1. 2010/04/01(木) 00:51:04 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re: 詩穏さんへ

詩穏さん今晩は
今思うと 父と田中一郎さんは、良き盟友でもあり良きライバルの
関係だったのではと推測されます。
父が高山にいた当時、田中さんと競うように写真雑誌の
月例などに投稿して、お互いの写真技術などを磨いていました。
そんな関係で著名な写真家の方々との交流も深めて
いったようです。
父の葬儀で、嗚咽をもらしながら告別の言葉を述べられ
その交友の深さに甚く感動した事を、鮮明な記憶として
残されています。
そんな田中さんも幽明境を異になられ寂しい限りです。
改めてご冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2010/04/01(木) 00:04:53 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

素晴しい写真に感激ですぅ~

昭和の温かみが 伝わってきます♪
モノクロの質感が 柔らかで ほのぼのとした雰囲気が感じられます。

フイルム管理が立派です。 オドロキです!! 
このようなお写真を 撮れる方は 減ってしまいましたぁ~♪

素敵な お写真にを見せて頂 嬉しいです~(^◇^)┛ありがとうございました。
リンク付けさせて 頂きました。 お暇な時にでも お越しくださいませ。
  1. 2010/03/31(水) 22:58:51 |
  2. URL |
  3. かはっチャ #vm4I/Y9k
  4. [ 編集 ]

家族旅行

私もちょうど写真のtontoさんと同じぐらいの年頃の初めての海水浴写真が実家にあります。
私自身は一人っ子ですが、母が7人きょうだいの長女だったのでおじちゃんおばちゃんに可愛がってもらい、海水浴もおじちゃんと一緒だったと思うのですが、不思議にもおじちゃんに抱っこされて、海から見た景色を覚えているんです。桟橋とか遠くに見えた灯台とか。。。
以前tontoさんが人間の記憶はあいまいと書いていたのでたぶん後で見た何かのイメージが自分のものとしてすりかわっちゃったのかもしれません。
すごく小さい時なのに、いくつか断片的な映像がリアルに記憶に残ってるのって何なんでしょうね。ふと思い出してしまいました。
  1. 2010/03/31(水) 21:20:08 |
  2. URL |
  3. Green #-
  4. [ 編集 ]

幼い頃のtontoさん、とても楽しそうです♪
お母様の笑顔も凄く幸せそうですね。

ところで、今日も有楽町界隈を撮っていたら
田中スタジオ(田中一郎写真館)を見つけました
今まで早朝に撮っていたので気がつかなかったみたいです。
入場無料、ご自由にお入りくださいだったので
さっそく、入場してきました。
tontoさんのお父様と同様に凄く迫力と優しさに溢れた写真でした。
高山の土門と呼ばれていたようです?
なんだか嬉しくなりました。
tontoさんのお父さん、田中一郎さん
二人も凄い写真家が高山にいたのですから
  1. 2010/03/31(水) 20:30:42 |
  2. URL |
  3. 詩穏 #6cN3mr4s
  4. [ 編集 ]

Re: yackymouseさまへ

はじめましてyackymouseさま 
ご訪問ありがとうございます。
年月を経て忘れている事でも、一枚の写真が
記憶の呼び水となって、様々な事を思い出します。
写真の面白さを改めて気付かされました。
リンクの件、歓迎致します宜しくお願い致します。
宜しかったら又ご訪問下さい。
  1. 2010/03/31(水) 18:47:15 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

始めまして。

お写真、じっくり拝見させていただきました。
まさに当時の記憶の扉を開けているような、すばらしいお写真ばかりですね。歴史的な価値を感じます。
それに、写っている皆さんの屈託のない笑顔がなんだか羨ましいです。
こんな風に後世に残せる写真が撮れたらいいなと、深く考えさせられました。
リンクを頂きました。また、寄らせてください。
  1. 2010/03/31(水) 18:29:30 |
  2. URL |
  3. yackymouse #Ky..B/gI
  4. [ 編集 ]

Re:北さんへ

北さんこんにちは
帰省中コメントありがとうございます。
子供の頃と変わらない風景が残る粟島には一度訪れてみたいです。
北さんのユーモアあふれるブログと粟島の近況を楽しみにしています。

> ※ 当時、家族旅行できる家庭は限られていました。良かったですね。
>   私は家族旅行の記憶は全くありません。
そうですね
夏の営業写真館は暇だった事もありますが、旅好きの父には感謝しています。
  1. 2010/03/31(水) 13:21:52 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

どの写真も懐かしい思い出と直結します。

汽車の中の木製のイスや壁面・、海水浴の様子、
あ~そうだったな~と懐かしく子どもの頃を思い出しています。
今、まさに私がその頃育った瀬戸内の島に戻ってきたところです。

今年の暮れまで、自分の小さかった頃と全く変わっていない風景を見ながらの生活が始まります。

※ 当時、家族旅行できる家庭は限られていました。良かったですね。
  私は家族旅行の記憶は全くありません。
  1. 2010/03/31(水) 12:40:32 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

Re: ひーとんさんへ

コメントありがとうございます。
ひーとんさんがお幾つか分かりませんが
懐かしさを感じて頂けて感謝致します。
またご訪問頂けたら幸いです。
  1. 2010/03/31(水) 10:04:17 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

感動・・・

この時代の事、よく知りませんが(生まれてもいません)、なぜか懐かしく思えました。
写っている人達の笑顔のおかげでしょうか?
僕もこんな風に笑えたら良いなと心の底から思いました。
  1. 2010/03/31(水) 01:22:09 |
  2. URL |
  3. ひーとん #-
  4. [ 編集 ]

Re:yokoblueplanet さまへ

おはようございます。
そうですね、「こんな時期もあったんだよ」と
父に言われているような感じです。
あとに続く人達にそんな写真が残せれば良いですね。
あらためて今は亡き父に感謝しなければなりません。
コメントありがとうございました。
  1. 2010/03/30(火) 10:44:06 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

Re:SnowPaper さんへ

おはようございます。
無邪気に笑えてた時期の自分を見るのは
少々恥ずかしいですが、時を経ても
当時の姿を思い出させる写真は
あらためて良い物だと思います。
  1. 2010/03/30(火) 10:31:38 |
  2. URL |
  3. tonto #-
  4. [ 編集 ]

お父様に感謝!

おはようございます。あの一瞬にしかなかった動き、表情を捉えたお父様の暖かい視線が感じられる映像、本当に感謝ですね。我が家の弟も子ども達の成長記録をしっかり撮っていましたが、言葉にはできない程大切な財産になる事でしょう、と感無量です。
  1. 2010/03/30(火) 09:16:36 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

いい写真ですね。。

その言葉しか思いつきません。

自分も家族旅行の写真があまりありません。
晴れたら仕事、の職種と時代でしたからね。

続きのあとにご自身の写真があるというのが
tontoさんのお人柄がお伺いできます(笑)
  1. 2010/03/30(火) 08:53:33 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiokuno1010.blog31.fc2.com/tb.php/94-bcba64c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。