記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つごもり1955年12月

現在は晦日と云いますが、つごもりは旧暦の云い方で「つきごもり月隠」の音が変化した言葉と云われています。
今でも落語の演目ではよく聞く言葉ですが、私が子供の頃、年配の方はこの云い方を使われていて、聞いた記憶があります。
「つごもり」は本来は月が隠れると云う意味ですが、去年の晦日は、恐慌とも云うべき不況の中、家籠もりの方々が多かったそうで、落語での洒落言葉「都合が漏る」と表現する「つごもり」の方が時勢に合うのではないでしょうか。

暮れの安川通り高山安川通り
写真の親子は、年末の買い出しでしょうか、女の子が抱いている人形が懐かしい。



笑顔のおじさん
今では見かけなくなった竹のストックを持っている、いい笑顔のおじさんです。


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


1955年度(昭和30年)の出来事をまとめたニュースがありましたので、ご覧になりたい方は続きの項目にお進み下さい。 続きを読む

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/26(土) 15:52:43|
  2. 1955年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高山別院 放火火災 1955年12月 高山別院 放火火災 1955年12月 ̶ ̶

現在は再建されていますが、この年の暮れに高山別院照蓮寺は放火により焼失してしまいました。
京都東本願寺を本山とする照蓮寺は、過去に八回も火災に遭い再建を繰り返した歴史をもっているそうです。
私自身生まれて間もない頃の放火事件ですのでわかりませんが、写真で見る限りでは当時でも大きな火災だったのではないかと想像します。 小学生の頃、毎日のように遊んでいた友達が、別院の近くに住んでいて、山門や境内を通って山や川に遊びに行った記憶はありますが、建物は曖昧な記憶しかありませんので、まだ再建中だったのかもしれません。

高山別院火災1
屋根の上で火災を見ている人々 鍛冶橋から

高山別院火災2
高山別院 照蓮寺 放火火災

高山別院火災3
焼失後の照蓮寺



高山別院 照蓮寺 リンク
真宗大谷派 高山別院


ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/22(火) 15:03:30|
  2. 1955年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和の撮影会 1955年11月

私自身撮影会に参加した経験はありませんが、現在も盛んに開催されているモデル撮影会は、いつ頃から始まったのでしょうか。
この写真は当時名古屋で行われた撮影会の一コマですが、父のネガにはモデルさんよりも撮影会に参加している人々の描写カットが多くて当時の写真愛好家の様子が窺えて面白い。

撮影会

現在私も撮影を生業にしているのですが、父と性格的に似ていると思うのは、少し斜に構えるところがあって、撮影対象がポーズを決めたりすると、何故か興味が薄れてしまい、違う視点をさがしてしまう事があることです。
今回父のフィルムを整理していて気付いたのですが、撮影対象に子供や老人が多く写っていますのは、写される側が構えてしまうと自然な姿をとらえる事が出来ないので、自ずと子供や老人が多くなったのではないかと想像します。

ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/22(火) 02:03:11|
  2. 1955年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。