記憶の扉

父が残した昭和の記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

裏通り 1956年12月

この冬曇りの寂しげな裏通りの写真は、私が住んでいた写真館前の道なのですが、私の記憶の中でイメージされていた情景と余りにも違う趣で、記憶とは曖昧なものだと気付かされた一枚です。
心象では、もう少し道幅や空も広く開放的な雰囲気で記憶に残っていました。


裏通り
高山市本町三丁目



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/21(金) 07:37:19|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

市制20周年式典3 1956年11月

父の写真館があった本町三丁目の皆さんの記念写真です。
私が住んでいました写真館は、本町表通りから一本入った裏通りにあり、当時の記憶を辿ると、映画館、床屋、駄菓子屋、豆腐屋、町医者、桶屋、看板書き屋、貸本屋、そろばん塾、質屋、古い町屋などが並ぶ、それなりに生活感のある裏通りでした。
半世紀を過ぎて現在は飲食店などが並ぶ通りに様変わりして、懐かしい裏通りは記憶に残る想い出でだけになってしまいました。
記念写真には10歳違いの次男の兄も参加して写っていますので、ここに写っている笑顔の子供達も、現在は60歳半位になっていらしゃるわけで、その後の人生をそれぞれどの様に過ごされたかと思うと感慨深いものがあります。


市制20周年式典14
本町三丁目の子供達 (高山市八軒町)

市制20周年式典13


市制20周年式典12



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/13(木) 07:37:26|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

市制20周年式典2 1956年11月

高山市は祭の伝統文化が残る町で、この様な行事にも伝統的共同体でもある自治組織「組」がしっかりと機能している様子が窺えます。
市民参加の手作り感溢れる、何とも不思議な時代行列ですが、当時の地域コミュニティの勢いを感じさせます。


市制20周年式典17
安川通り
現在と違い、見通しの良い通りに人が溢れています。

市制20周年式典10
高山市上一之町

市制20周年式典7
本町三丁目の皆さん 安川通り

市制20周年式典8
このキューピーの様な、ゆるいキャラクターは何でしょうか、年末が近いからでしょうかサンタクロースまで参加しています。

市制20周年式典6
本町三丁目の皆さんの記念撮影
見覚えのある背景ですが正確な場所が思い出せません。

市制20周年式典11
市民大運動会場
町内対抗運動会も行われたました、市内の人達が一斉に集まったと思うぐらいの盛況です。



ご訪問ありがとうございます
是非1click お願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/11(火) 07:38:28|
  2. 1956年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

tonto

Author:tonto
父が残した昭和の記憶(写真)を残したくてblogを始めました。
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の中でマドレーヌ菓子から過去の記憶が一気に思い出されるように、1枚の写真から過去の記憶を辿る事ができます。
それは現在を一時忘れることが出来る暖かな一時でもあります。

始めに

本blogには、当時の多くの人々が 登場しますが、時代的背景の記録を 残す事の意義をご理解の上、 お許し願います。

写真の無断複製又は改ざん 転用は固く禁じます。

Privateblog

宜しかったらご訪問下さい。

猫の溜息

FC2ブログランキング

宜しくお願致します。

FC2 Blog Ranking

最新記事

月別アーカイブ

タグ

1955年 (44)
1956年 (74)
未分類 (3)
News (2)
菅原 廉緒 年譜 (1)
1957年 (77)

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。